12月 202012
 

綿貫古墳群は、日本原子力研究所からその北側にかけての井野川右岸台地上に分布しています。4基の比較的大型の前方後円墳を主墳として5世紀中頃から6世紀後半まで築造されたと推定されています。

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
綿貫町堀米内1547所在古墳 円墳 綿貫町堀米内 台地 高崎市史
綿貫町堀米内1552所在古墳 円墳 綿貫町堀米内 台地 高崎市史

1547古墳を北西から。観音山古墳の南東近くの屋敷林の中にある。高さ2m以上はある墳丘が残っている。

1552古墳を西から。上記民家の南東近くの墓地。棕櫚の木のあたりが古墳址ではないかと思われる。

※高崎市史では名前が不明の古墳の場合、地番をそのまま使用している。

(撮影 2004/01)

  One Response

  1. 1547古墳を四月七日に見ましたが、藪が切り払われてよく見えました。北半分がかなり損壊しています。

     

 返信する