11月 012012
 

山越古墳群は、多田駅西方の丘陵尾根上及び南西斜面に分布しています。15基の円墳が確認され、6世紀後末から7世紀後半の築造と推定されています。

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

山越1号墳 円墳 径11m、高さ2m 山越町 丘陵 横穴式石室、須恵器、刀子、刀片、鉄鏃。人骨 田沼町史


南から。群の一番奥にある円墳。すでに盗掘されており石室の位置が窪んでいる。昭和57年に発掘調査され、下部のみ残った石灰石使用の横穴式石室から七体分の人骨が検出された。

(撮影 2006/12)

 返信する