6月 192015
 

内野古墳群(千葉市)は、都川左岸台地上の平和公園とその周辺に分布しています。前方後円墳1基、円墳7基からなります。
【アクセス】★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■千葉市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
内野1号墳 前方後円墳 墳長32m、後円部径22.3m、同高2.3m、前方部幅13.7m、同高2.0m 若葉区多部田 台地 前方後円墳集成・ふさの国・現地案内板

 utino01_1

南西から。左が前方部、右が後円部。都川を臨む台地の縁に築かれた小型の前方後円墳で良好に残存している。平和公園墓地の敷地外にあり、園内の説明板北側の鉄塔近く。

utino01_2

前方部から後円部。1970年に測量調査されているが発掘調査は行われていないようだ。

utino01_3

後円部から前方部。

utino_0_1

説明板の分布図に仮番号を加筆。4号は見当たらなかった。

utino0

(撮影 2015/03)

  2 コメント

  1. 4号は昭和50年の発掘でなくなったのだと思われますが、案内看板の横と分布図一番下方(西より)のマウンドも古墳じゃないかとどうしても考えてしまうのですが・・・。

     
  2. すみません、市史で確認できました。説明板のポイントがかなりテキトーでまともなのは両端の2基くらいです。
    1号の隣の円墳が3号で、説明板の横の無くなった事になってるのが4号。4号と1、3号の間、やや真ん中より北東が2号跡。4号から見て園内車道を挟んですぐ南西が5号跡(図の仮3よりも4号寄り)で6号は現存の位置で説明図だと仮3の南西。仮4のポイントは誤表記で7号(仮5でちょい北より)、8号と南へほぼ等間隔で続いて、全8基になります。5号は4号よりちょっと早く昭和47年に調査・削平され、まさに説明板の前の道路のために造成中石棺が露出したそうで、直径約30m高さ1.5mの円墳でした。ただ史料では何号墳ではなく№〇で呼ばれてます。

     

 返信する