2月 252013
 

有明山将軍塚古墳は、県立歴史館の南南西400mほどの丘陵尾根上にあります。
【アクセス】しなの鉄道線屋代駅から徒歩・自転車3.1km、古墳館駐車場(古墳館から古墳行きバス有)、見学自由 ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■千曲市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
有明山将軍塚古墳 前方後円墳 全長37m 小島東山 葺石、竪穴式石室、勾玉、管玉、矢尻、斧 現地案内板


南西から。左が後円部、右が前方部。森将軍塚古墳の西300mほどの丘陵尾根鞍部にある。屋代地区を取り囲むように丘陵上に築かれた4基の前方後円墳(森将軍塚、有明山将軍塚、土口将軍塚、倉科将軍塚で、一括して埴科古墳群として国史跡の指定されている。)のうち、森将軍塚古墳についで2番目に築造(4~5世紀初め)されたものと推定されている。


東から。手前が前方部。丘陵を切断し築かれており、盛土の部分は比較的少ない。


古墳近くから北方の屋代・篠ノ井方面を見る。


前方部から後円部。長さ6mの竪穴式石室が検出された。


後円部から前方部。

(撮影 2009/05)

 返信する