7月 042014
 

本古墳は、倉科郵便局北方の北山尾根先端付近にあります。
【アクセス】しなの鉄道線屋代高校前駅から徒歩・自転車4.4km、駐車場から徒歩、見学自由 ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■千曲市古墳地図■

古墳名 墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
倉科将軍塚古墳 前方後円墳 墳長78m、後円部軽42m、同高8m、前方部幅46m、同高6.5m 倉科 丘陵 円筒埴輪片 現地案内板

 kura0

南から遠景。写真中央上のピークに中世の鷲尾城跡があり、その背後の尾根上に倉科将軍塚古墳がある。屋代地区を取り囲むように丘陵上に築かれた4基の前方後円墳(森将軍塚、有明山将軍塚、土口将軍塚、倉科将軍塚で、一括して埴科古墳群として国史跡に指定されている。)のうち、三番目に築造(5世紀中葉前後)されたものと推定されている。

kura1

西から後円部。麓の大日堂から急勾配(標高差200m近く)の登山道を登る。健脚の内に訪れたい古墳である。

kura2

南から。左が後円部、右が前方部。

kura3

後円部上。三角点がある。主体部は未調査のため不明であるが、後円部上に盗掘孔とみられる窪みがあり(現状では判然としない)全長6m以上あったと思われる竪穴式石室の存在が推定されている。

kura4

後円部から前方部。

kura5

前方部から後円部。

kura6

(撮影 2014/04)

 返信する