2月 252013
 

森将軍塚古墳群は、善光寺平を一望できる有明山から北へ延びる狭い尾根の上に築かれています。
【アクセス】しなの鉄道線屋代駅から徒歩・自転車3.1km、古墳館駐車場(古墳館から古墳行きバス有)、見学自由 ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■千曲市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
森将軍塚古墳 前方後円墳 全長100m 森大穴山 竪穴式石室、刀、剣、勾玉、管玉、三角縁神獣鏡、円筒埴輪 現地案内板

morisyo

屋代地区を取り囲むように丘陵上に築かれた4基の前方後円墳(森将軍塚、有明山将軍塚、土口将軍塚、倉科将軍塚で、一括して埴科古墳群として国史跡の指定されている。)のうち、最初に築造(4世紀代)されたものと推定されている。

発掘調査後、1992年に復元された。葺石は元々あったものをできるだけ再利用し足りない部分を補ったそうだ。4世紀代の築造。


やせ尾根の上に築かれているので首をかしげたようなアンシンメトリーな形状の前方後円墳となっている。


墳丘裾には数多くの埴輪棺や箱型石棺が群集している。


麓の古墳館から。古墳へは有料バスか徒歩で登る。


古墳館内に復元された巨大な竪穴式石室。


県内では唯一の三角縁神獣鏡が出土している。


長さ7.6m、幅2m、高さ2.3m

(撮影 2004/6)

 返信する