1月 092013
 

七日市古墳群は、鏑川の下位段丘上(富岡段丘)の西端に分布しています。かつては前方後円墳1基(消滅)を含む30基以上の古墳があったものと考えられ、すべて横穴式石室を持つ6世紀中ごろから7世紀代の築造と推定されています。(資料:富岡市史)古墳番号は富岡5号墳発掘調査報告書のもの。

古墳名  墳形 規模 所在地立地・現況 出土品、備考 引用
七日市14号墳 七日市字南横町 富岡5号墳
七日市16号墳 20m 七日市字中久保 富岡5号墳
七日市17号墳 七日市字南横町 富岡5号墳

14号墳を北から。土塁状に民家裏に残る。

16号墳を東から。下位段丘面に残る1基。

17号墳を東から。民家の庭先にある。かぶら17号によると巨石があるらしい。

(撮影 2004/04)

  2 コメント

  1. 実際に紹介されているのは14,16,17号墳のようですが、ケアレスミスでしょうか?
    数が多そうなエリアなので実際寄れるかはわかりませんが、寄れて新情報があったらまた書かせていただきます。

     

 返信する