7月 312012
 

平沢古墳群は、筑波国際カントリークラブの南側丘陵斜面に分布しています。6基の石室墳が現存しています。
【アクセス】つくばエクスプレスつくば駅から徒歩・自転車13.9km、駐車場無し、見学自由 ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■つくば市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

佐都ヶ岩屋古墳(平沢1号墳) 方墳 南北25m、東西35m、高さ7m 旧筑波町平沢字少高 横穴式石室 筑波町史(1989)、茨城県遺跡地図(2001)、日本の古代遺跡茨城、現地案内板


東から。ゴルフ場導入路の途中にある。7世紀半ばから後半の築造と推定され、律令時代の役所跡である平沢官衙遺跡を見下ろす絶好の位置に有り、その関係が注目される。


南側に全長7.5mの横穴式石室が開口。羨道・前室・奥室からなる複室構造で、雲母片岩の板石で造られ、珍しいT字型のプランである。


①羨道部。長さ2.1m、幅2.0m。

 
②前室。長さ2.5m。幅2.1m、高さ1.7m。


④奥室東方向。天井石が抜かれている。床に仕切り石が見える。 


⑤奥室西方向。このように奥室は東西に細長く、2.15m×5.45mの長方形。高さは1.7m


⑥同じく奥室西方向。中央の石積みは天井石補強のために後から積まれたものらしい。左は前室。 

 
⑦前室を斜め奥から


(撮影 2008/02)

  One Response

  1. […] 夜叉姫の伝説が書かれています。 詳しくはこちらのサイトでどうぞ。 […]

     

 返信する