7月 312012
 

小田古墳群は、小田城跡の東方1kmほどの原野に分布しています。

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

小田古墳群 円墳2基、不明1基 旧筑波町小田字道祖神 横穴式石室、(伝)人骨・直刀 筑波町史(1989)、茨城県遺跡地図(2001)


地元の方に案内していただき探し当てた1基。原野の中にあり他の古墳はとても見つかるような状態ではなかった。封土は流出し大型の横穴式石室が露出している。平沢古墳群の横穴式石室と同様の造りで、板石を組み合わせた羨道・前室・後室からなる複室構造。

 
前室。現状で高さ1.7mほど。町史にも詳細な記述はないが、同群の他の古墳からは人骨や直刀の出土が伝えられている。


後室。こちらも天井高1.7mほど。

 
後室を奥から。玄門の造りは平沢古墳群とは違い、袖石の上にマグサ石を架設している。


前室を奥から。

 
近くの畑の一角に置かれている巨石。案内していただいた方によると、昔、古墳から運んだらしいとのこと。羨道部の天井石だろうか。

(撮影 2008/04)


  One Response

  1. つくば市大形に住んでいます。久しぶりに来てみましたが篠でおおわれてしまい,見つかりませんでした。2017/4/5

     

 返信する