7月 312012
 

坂田塙台古墳群は、上坂田の成就寺南方300mほどの台地縁辺に分布しています。前方後円墳2基、円墳11基?からなります。

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

坂田塙台古墳群2,3,4号墳(仮称) 円墳 旧新治村下坂田字塙台 山林、畑地 人物埴輪 上高津貝塚考古資料館武者塚古墳パンフ、茨城県遺跡地図(2001)


仮称2号墳。武者塚古墳南西の台地縁辺にある背の高い円墳。人物埴輪が出土したそうである。


仮称3号墳。2号の南側に小円墳が点在している。


仮称4号墳。

(撮影 2008/04)

  One Response

  1. 2号墳は武具八幡古墳を指してて、1番上の墳丘は群最大の8号墳で墳丘径推定約30m、周溝外径約55mを計ります。出土品は円筒埴輪で女子埴輪の出土した9号墳は西の東西に建てられてるビニルハウスの南側です。番号付けは武具八幡古墳の東の墳丘から西へ1~13とし、北側の道路下の2基は逆に西から14、15と振られてます。前方後円墳は11号墳のみであとは全て円墳のようです。

     

 返信する