2月 262013
 

新屋古墳群は、新屋集落の北側の虚空蔵山南麓に分布しています。
【アクセス】しなの鉄道線信濃国分寺駅から徒歩・自転車4.8km、駐車場無し、見学自由 ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■上田市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
新屋古墳第1号墳 円墳 南北径約12m、東西径約13m、高さ約3m 神科新屋 横穴式石室 現地案内板


南から。新屋古墳群は4基からなるが残るのは1号墳のみ。


玄室。幅1.96m、奥行は、左壁部3.35m、右壁部3.02m。


奥から外。羨道部の奥行1.55m、羨門幅1m、玄門幅1.78m。

新屋古墳(第1号墳)は十一基の新屋古墳群のなかで、墳丘石室共に現存するただ一基の古墳で古墳時代後期の円墳である。墳丘の規模は、南北径12m、東西径13m、高さ3m、石室は片袖が縮小した両袖型横穴式である。奥壁には一枚の平石を立て、幅1.96m、玄門幅1.78m、中央部がわずかに張っている。側壁は2枚の平石を立てて基部をつくり、上部を小口積にして、天井に大きな2枚の平石をのせている。玄室の奥行は、左壁部3.35m、右壁部3.02m、羨道部の奥行1.55m、羨門幅1mである。
上田市教育委員会
(現地案内板より抜粋)

(撮影 2005/06)

 返信する