2月 262013
 

皇子塚古墳は、塩田西小学校の南1kmほどの台地上に築かれています。
【アクセス】上田電鉄別所線八木沢駅から徒歩・自転車2.4km、公園駐車場、見学自由 ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■上田市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
皇子塚古墳 円墳 径約14m、高さ3.3m 手塚 横穴式石室、勾玉、管玉、金環、直刀、鏃、轡、須恵器、土師器 現地案内板、上田市HP


東から。墳丘上の松が目を引く。皇子塚の名前の由来は、奈良時代の藤原仲麻呂の反乱に登場する塩焼王かその子の墓という伝承による。


横穴式石室が開口。もちろんこれは伝承で、古墳は古墳時代後期の築造でこの地方の有力な豪族の墓と推定されている。


平石の小口積。奥壁幅2.2m、奥行6.4m、玄門幅1.42m

奥から外。袖無し型。

市指定記念物(史跡)

 皇子塚古墳は塩田平を眺望する標高およそ530mの台地上に立地し、この一帯に多く分布する袖無し型横穴式石室をもつ古墳時代後期の円墳であり、奥壁幅に対して石室の奥行が短い終末期古墳の特色をよく表している。
 墳丘の規模は、径およそ14m、高さ3.3mである。石室は平石を小口積にして築き、奥壁幅2.2m、奥行6.4m、玄門幅1.42mで中心線の方位は、南西30度につくられている。
昭和48年10月1日
上田市教育委員会
(現地案内板より)

(撮影 2005/05)

 返信する