8月 012012
 

明神塚古墳群は、城中区民館の南東400mほどの台地縁辺に分布しています。
【アクセス】★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■牛久市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

明神塚古墳群(仮称1号墳) 前方後円墳 全長40m、後円部径22m、同高2m、前方部幅11m 城中町字明神 牛久市史料 原始・古代・考古史料編(1999)、茨城県遺跡地図(2001)
明神塚1号墳 前方後円墳 全長推定48m 城中町字明神 周溝・壺 明神遺跡(2014)


南西から。中央の低いマウンドが前方部?奥の林に後円部がある。(2015年2月追記 コメント欄にあるように近年の発掘調査の結果、推定全長48mで周溝から出土した壺から前期末葉の築造と推定されている。)


北西から後円部。後円部北側はテラス状になっており、その外側は急峻な崖。


後円部墳頂。

(撮影 2008/05)

  8 コメント

  1. 相変わらず時々訪問して参考にさせていただいております。
    8月2日に明神塚古墳の前を通りかかりましたので再訪いたしましたところ、古墳の前の広場(かつては畑地)に市の遺跡発掘調査が入っていました。柱の跡、住居らしき跡、堀の跡などが地下1.5mほどのところに無数に存在しており、現在も調査が続いています。前方後円墳は形は崩れていますがそのまま保存されています。墳の前庭にこの様な遺跡が多数あったとはと驚いています。

     
  2. その後の情報です。市の担当からの情報ですが「明神塚古墳」は発掘調査はしないとのことでした。古墳の前の広場に太陽光発電を設置する工事に先だって古代遺跡のみを発掘調査したそうです。また遺跡発掘結果の報告をまとめているが改めて報告会は予定していないとのことでした。調査報告書は図書館で閲覧できるようにするとのことでした。ちなみに遺跡は現在全て埋め戻されていました。

     
    • 情報ありがとうございます。古墳の発掘は無しでしたか。
      群馬県太田市でも古墳群の中に太陽光発電所が建設されましたし、適当な空き地があるといことで都合がいいのかな。

       
  3. 明神塚1号墳は周囲の明神遺跡の発掘調査により周溝が確認されました。
    全長推定48m,くびれ部出土の壺から前期末葉の築造と判断しました。
    報告書は,
    (有)勾玉工房Mogi編2014『明神遺跡(牛久城跡外郭部・明神塚1号墳)』牛久市教育委員会
    です。一般頒布はありません。図書館に配架されていたらご覧ください。

     
    • 鈴木様、情報ありがとうございます。
      以前おけ塚古墳にいただいたコメントが消失してしまい大変失礼いたしました。

      前期の築造とは興味深いですね。牛久市の現存古墳の中では一番古いのではないでしょうか。

       
  4. そうですね。
    ただ,考古学は“ない”ことは根拠にならないので,
    発見されていないだけのことかも知れません。
    明神塚1号墳の周辺には,
    同2号墳や谷を挟んで北側にある山王塚古墳は
    同じ台地端部の立地なので,要注目です。

     
  5. 本日行きましたが、あの状況でまだ墳丘が残っているのですか?
    道は一本きりですし、現在も太陽電池パネル工事中で、工事のおじさんを押しのけて敷地の奥へ向かうのは気が引けてあきらめました。

     

 返信する