1月 102013
 

薮塚温泉の近くで、八王子丘陵の西斜面の尾根上に築かれています。県指定史跡。郷土資料館や西山古墳も近くにあります。
【アクセス】東武線薮塚駅から徒歩・自転車1.4km、駐車場無し、見学自由 ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■太田市旧薮塚本町古墳地図■

墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

円墳 22m 薮塚字湯之入 丘陵、山林 横穴式石室 現地案内板

山寄せの円墳。周囲は公園化と思われる工事が進行中。

南向きに開口する横穴式石室

羨道部。石室規模は全長6.2m、玄室長3.1m、玄室奥幅1.35m、同中央幅1.93m、同前幅1.80m、同高さ2.5m、羨道部長3m、同幅0.9m、同高さ0.9mである。(まいぶん群馬HP)

玄室。凝灰岩の割石を通し目積にしている。平面形は同張りで、側壁には持ち送りが見られる。

羨道部を奥から

奥から外。両袖型。天井にはカマドウマがびっしり張り付いているので見学には覚悟が必要。

北山古墳
所在地 薮塚本町大字藪塚字湯之入3442
昭和24年12月20日 群馬県指定史跡

この尾根は八王子丘陵の支脈の一つで昭和11年の調査では57基の古墳がこの尾根にあった。そのうちで最も高所にあり、また最も原型をよく保っているのが、この古墳である。傾斜角約10度の所につくられた山寄せ型の円墳である。(直径約22m)葺き石の有無は不明。この古墳のつくり方は奥壁の所で山を約0.1mほど掘り下げて石室をつくっている。石室は横穴式両袖型、玄門、羨門をもっている。石は凝灰岩(この近くで採れる薮塚石)で割り石の通し目積および乱石積になっている。玄室の天井は巾狭く高い。左右壁の面はふくらみがある。

石室寸法
羨道長2.24m  高さ1.0m 巾0.91m
玄室長3.10m(中央) 巾1.35m(奥)1.93m(中央)1.80m(前)

この古墳は、群馬大学名誉教授故尾崎喜左雄先生の御研究によると、群馬県内で古墳づくりが最もさかんであった頃のもので7世紀前半のものであろうとしています。
群馬県教育委員会
薮塚町教育委員会

(現地案内板より)

詳細情報 →(財)群馬県埋蔵文化財事業団

(撮影 2004/01)

 返信する