8月 012012
 

仁江戸古墳群は、香取神社から御所神社周辺にかけての台地上に分布しています。隣接する旧千代川村の柴崎古墳群も同一グループと見られ、それを含めると前方後円墳4基・円墳19基の計23基が確認されています。

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
仁江戸5号墳 円墳 径32m、高さ7.5m 仁江戸字東 台地 古墳測量調査報告書Ⅰ(筑波大学 1991)
仁江戸8号墳 円墳 径12.5m、高さ1.7m 仁江戸字松合 台地 古墳測量調査報告書Ⅰ(筑波大学 1991)
仁江戸13号墳 円墳 径11.5m、高さ2.5m 仁江戸字中 台地 埴輪 古墳測量調査報告書Ⅰ(筑波大学 1991)


5号墳。香取神社の東方にあり群中最大の円墳。墳頂に浅間社を祀る。


8号墳。群の南端付近の1基。

 
13号墳。仁江戸会館西方の民家裏庭にある半壊の円墳。埴輪が出土している。

(撮影 2008/01)

  One Response

  1. 13号墳は削平されてしまいましたが、一応財団で調査されて方形の周溝が検出されており、もしかしたら道路を跨いで香取神社古墳と同じ北向きの前方後円墳の可能性もあるそうです。

     

 返信する