12月 042015
 

北原古墳群(塩川古墳群)は、鏑川に注ぐ大沢川の河口の東側に分布しています。遺跡地図には8基の記載がありますが2,3基が現存するのみのようです。古墳名は吉井町遺跡地図(吉井町教育委員会1995、基本的に上毛古墳綜覧の番号を使っている。旧吉井町の場合162号以上は綜覧記載ではあるが特定できないものや記載漏れに番号を当てたもの)をもとに現地で照合して推定したものです。*印は上毛古墳綜覧より引用。

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
吉井町第89号墳 *円墳 11.0m×14.0m×1.0m 塩川字上北原 吉井町遺跡地図
吉井町第90号墳 前方後円墳 約40m 塩川字上北原 埴輪 吉井町遺跡地図
吉井町第93号墳 *円墳 全く残っていない 塩川字上北原 吉井町遺跡地図
吉井町第94号墳 *円墳 4.2m×6.0m×1.4m 塩川字下北原 吉井町遺跡地図
Y184号墳 *円墳 6.3m×4.0m×5.0m 塩川字上北原 吉井町遺跡地図

kitahara89

89号墳を南西から。この群の中では良好な墳丘が残る。

kitahara90

90号墳推定値。昭和46年に調査され埴輪を有する全長約40mの前方後円墳とされている。現在は宅地となり全く残っていない。

kitahara93

93号墳推定地のすぐ近くにある石。石室材のように見えるのだがどうだろうか。

kitahara94

94号墳を南から。89号の西側近くにある。

kitahara184

Y184号墳。94号の西側近くにある。高さ5.0mは0.5mの誤記だろう。

(撮影 2015/01)

 返信する