12月 252015
 

高木古墳群は、鏑川に注ぐ矢田川の河口の東側(矢田川の左岸)に分布しています。遺跡地図には7基の記載があります。古墳名は吉井町遺跡地図(吉井町教育委員会1995、基本的に上毛古墳綜覧の番号を使っている。旧吉井町の場合162号以上は綜覧記載ではあるが特定できないものや記載漏れに番号を当てたもの)をもとに現地で照合して推定したものです。*印は上毛古墳綜覧より引用。
【アクセス】★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■高崎市旧吉井町古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
吉井町第103号墳 *前方後円墳 16.2m×19.4m×1.0m 池字高木 古墳かどうか疑問 吉井町遺跡地図

takagi103_0

高木古墳群遠景。

takagi103_1

古い資料の上毛古墳綜覧では全長53mの前方後円墳としているが1995年の遺跡地図では古墳かどうか疑問としている。もし前方後円墳なら右が前方部、左奥の墓地が後円部か。

(撮影 2015/01)

  2 コメント

  1. 2016年6月17日に福岡県須玖岡本遺跡で国内最大級の甕棺墓が発見され、その中には幾重にも重ねた多種類の布の痕跡があり、祭祀、あるいは厳重に包まれた埋葬者がいたかもと。

    「奴国」の中心部らしき場所からの発見でワクトキです!
    東日本でもそういう大きな墳丘墓の発見があると良いですねwktk!

     
    • 古墳ではないですが群馬県では古墳時代の甲を纏った人骨が発見されましたね。

      またそれくらい衝撃のある発見があるとうれしいです。

       

 返信する