1月 052016
 

塚原古墳群(吉井町)は、鏑川に注ぐ矢田川の河口の東側(矢田川の右岸)に分布しています。遺跡地図には40基の記載がありますが残っているのは半分ほどです。古墳名は吉井町遺跡地図(吉井町教育委員会1995、基本的に上毛古墳綜覧の番号を使っている。旧吉井町の場合162号以上は綜覧記載ではあるが特定できないものや記載漏れに番号を当てたもの)をもとに現地で照合して推定したものです。*印は上毛古墳綜覧より引用。

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
吉井町第116号墳 *円墳 13.6m×11.6m×0.8m 池字塚原 吉井町遺跡地図
吉井町第126号墳 *円墳 不詳 池字塚原 石室の石が散在 吉井町遺跡地図
吉井町第129号墳 *円墳 11.2m×6.7m×1.2m 池字塚原 吉井町遺跡地図
吉井町第138号墳 *円墳 9.7m×9.3m×2.3m 池字塚原 吉井町遺跡地図

tukahara116

116号墳。

tukahara126

126号墳跡には祠が祭られていた。土台は石室材を利用したものか。

tukahara129

129号墳を西から。手前の細い道を入っていくと残りの良い群集墳にたどりつく。

tukahara130

138号墳。

(撮影 2015/01)


  One Response

  1. こちらも素晴らしく遺跡の残骸が晒されていますね(泣)。

    2016年5月には奈良県橿原市で二世紀後半頃の陸橋つき円形周溝簿墓が発見されたそうで鍵穴型の走りだとか、墳丘墓の過程のヒントになると記事に出ておりました。
    マキムク遺跡より古いとか、二世紀とかもうホント考えられないくらいこのワクワク感が…!

     

 返信する