1月 112013
 

南下古墳群は吉岡中学校南方の丘陵から溝祭地区にかけて分布する古墳の総称で、一般的にはA号からE号の名称でよく知られた5基の古墳に代表されています。これらの古墳は中学校南方の通称大林山と呼ばれる岩屑流丘南斜面の半径100メートルほどの範囲内に集中して築かれています。(資料:まいぶん群馬HP、現地パンフレット)
【アクセス】JR八木原駅から徒歩・自転車3.3km、公園駐車場、見学自由 ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■吉岡町古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

南下C号古墳 円墳 約19m、高さ約3.7m 南下 丘陵 横穴式石室、周囲に円筒埴輪 現地パンフレット


群中最も西寄り。丘陵頂部に築かれた円墳。公園化され樹木が伐採された。

(公園化前)石室はC号墳のみ東向きに開口。6世紀中葉~後半の築造と推定される。
自然石の乱石積
奥から外。無袖式。いかにも初期の横穴式石室らしい。
(撮影 2004/03、2010/04)

 返信する