1月 112013
 

南下古墳群は吉岡中学校南方の丘陵から溝祭地区にかけて分布する古墳の総称で、一般的にはA号からE号の名称でよく知られた5基の古墳に代表されています。これらの古墳は中学校南方の通称大林山と呼ばれる岩屑流丘南斜面の半径100メートルほどの範囲内に集中して築かれています。(資料:まいぶん群馬HP、現地パンフレット)
【アクセス】JR八木原駅から徒歩・自転車3.3km、公園駐車場、見学自由 ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■吉岡町古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

南下E号古墳 円墳 約17m、高さ約2m 南下 丘陵 横穴式石室 現地パンフレット

7世紀後半の築造でA号墳より若干新しい時期と推定される

玄門。羨道部分はかなり破壊されている。前庭が設けられていた可能性が高い。

玄室。角閃安山岩の截石切組積。

側壁。精巧な切組積み。

奥から外。両袖式。奥から外。両袖式。

南下E号古墳

 本古墳の所在する丘陵は、13000年程前に相馬山が山体崩壊を起こした際の流山(陣場岩屑流)と考えられている。この丘陵を中心に付近一帯にはかつて40基を越える古墳が所在し、7世紀代を中心とする一大古墳群を形成していた。現在その数は10基程にまで激減しているが、本古墳から半径約100mの内に7基の古墳が群集し、当時の面影を僅かながらも残している。
 本古墳は先の丘陵東南斜面に構築された山寄せ形式のものである。墳形及び規模は、現状で東西役17m、南北約9m、高さ約2mの円墳もしくは方墳と考えられている。墳丘における葺き石の有無は不明だが、埴輪片は一片たりとも確認されていない。
 石室は、截石切組積の両袖型石室で、南西に向かって開口している。玄室はほぼ完全であるが、羨道部分は天井石を失い側壁も上部を欠いた状態で、大半は土砂で埋没している。石室構造からみて、古墳南面には前庭が存在する可能性が高い。現状での石室規模は、玄室長2.76m、同奥壁幅2.13m、高さは奥壁部分で1.71mである。
 石室材は壁体に二ツ岳噴出の角閃石安山岩を使用し、天井石には硬質の安山岩自然石を用いている。側壁は長方形に加工した石材を四乃至五段に、奥壁は三乃至四段に積み上げ、その大部分に切り組の手法を用いている。壁面には10度前後内傾する、所謂転びが見られる。玄室と羨道の境には加工石材を二段積みした精巧な玄門を有している。
 本古墳で特筆すべきことは玄門壁面に残った朱線の存在である。これは、截石切組の後方と関連した作業線と考えられるもので、本古墳のほか南下A号墳、富士見村庄司原4号古墳のみで確認された極めて例の少ないものである。
 古墳の年代は、石室の企画や構造或いは石材の加工法からみて、7世紀末葉の築造で、南下A号古墳より若干新しい時期のものと考えられる。

平成8年3月31日
吉岡町教育委員会
(現地案内板より)

(撮影 2004/03、2010/04)


 返信する