1月 112013
 

南下古墳群は吉岡中学校南方の丘陵から溝祭地区にかけて分布する古墳の総称で、一般的にはA号からE号の名称でよく知られた5基の古墳に代表されています。これらの古墳は中学校南方の通称大林山と呼ばれる岩屑流丘南斜面の半径100メートルほどの範囲内に集中して築かれています。(資料:まいぶん群馬HP、現地パンフレット)*印-吉岡村誌より引用。

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
大林1号墳(南下F号墳) 径21m、高さ4.5m 南下字大林 丘陵 吉岡町遺跡地図
大林2号墳 *径20m、高さ2.5m 南下字大林 丘陵 吉岡町遺跡地図
大林3号墳 *径12m、高さ1.5m 南下字大林 丘陵 吉岡町遺跡地図
宮代古墳 南下字大林 丘陵 吉岡町遺跡地図

大林1号墳(南下F号墳)。A号墳の南西にある。公園化され見学しやすくなった。村誌によると羨道天井石露出となっているがわからなかった。

大林2号墳。E号墳の北、グランドの駐車場近くにある。南側に開口、石室埋没とのことだが確認できなかった。

大林3号墳。E号墳の北北東200mくらいのところ。石室材が露出している。遺跡地図では石室埋没とのこと。

宮代古墳。A号墳の南、丘陵の先端部。古墳はこの頂部にあるらしいが墓地化で墳丘がはっきりしない。

(撮影 2004/03、2010/04)

 返信する