現在 10件/1ページ 
148611

   i-mode  検索      

↑投稿は上のボタンから。リンクを含む投稿は拒否されますのでご注意を!(httpを省略すればOK)


クイックアクセス

[396] 漆山古墳 (7)  [436] 安中市314・天皇塚古 ... (1)  [435] 安中市555・綜覧:九 ... (1)  [434] 神奈川県埋蔵文化財セ ... (1)  [379] 印西市 (9)  [433] 群馬HANI-1グランプリ (1)  [304] 茨城県の発掘現場説明 ... (6)  [432] 上三川町兜塚古墳現説 (1)  [392] 和洋女子大学発掘調査 (10)  [384] 11/19の現説 (4)  



  [396] 漆山古墳 昇寛@管理人 

高崎市漆山古墳が市指定史跡になりました。
それを記念して3月5日に石室が一般公開されるそうです。

現在通常は非公開だそうです。
(2017/02/21 13:04:38)

[396-1] 無題 平家蟹

今まで史跡指定されていなかったことに驚き。
普段非公開ということは柵越しでも石室を見学出来なかったんでしょうか。
どちらにしろ内部を見学していてよかった。
昇寛さんがいなければ再訪はまずなかっただろうしね。
(2017/02/22 08:24:17)

[396-2] 無題 ゆら

上毛新聞のサイトを見ました。
市指定史跡らしく整備された写真が掲載されてましたね。
公開当日の5日は上野三碑一般公開や多胡碑記念館が無料になったりと、色々楽しめそうですね。
(2017/02/23 20:30:30)

[396-3] 無題 昇寛@管理人

平家蟹様。
これは是非押さえておきたい石室ですよね。十数年前に訪れたときは、所有者にお願いして見学させていただきました。

ゆら様。
三碑も公開ですか。これは俄然行きたくなりました。
(2017/02/26 16:45:11)

[396-4] 今年度現地説明会 あんけん

昨年の調査で見つかった盗掘壙を掘り下げると共に墳頂部の調査がされました。
盗掘壙は西側から斜めに掘られ、石室の2m上までしか到達出来てませんでした。
(2018/09/05 18:31:14)

[396-5] 無題 あんけん

こちらは石室北側のトレンチで、右側に盗掘壙があり、そちらへ落ち込むように見つかった石積み遺構と形象埴輪片です。画像下方には旧表土面に石列も見つかり、合わせて築造時のものと推定されてます。 (2018/09/05 18:38:15)

[396-6] 下佐野1012古墳 あんけん

ついでに立ち寄った下佐野1012古墳、手前に家が建ちまさかと思ったら、やっぱりこちらも壊されて、住宅の基礎ができたところでした・・・。 2018/09/05 18:42:25

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [436] 安中市314・天皇塚古墳(九十九村1号古墳) ろっこう 

封土が流れたのか、絹笠大明神の石碑の土台がこちらの写真より50cmくらい下がって見え、こちらでは紹介されてない石室の露出がありました。
徐々に見た目が変化しているかもしれません。
(2018/08/23 09:59:12)

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [435] 安中市555・綜覧:九十九村3号(白山塚) ろっこう 

こちらにアップされている映像とあまりに違うのでアップします。
とくにちょうちんは衝撃的でした。
こちらの映像は2004年ですか。
(2018/08/21 22:50:53)

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [434] 神奈川県埋蔵文化財センター講演会等 ろっこう 

平成30年 厚木市遺跡講演会
「祈りの考古学」
発掘調査の成果をもとに、各時代の研究者が「祈り」に迫ります。
日程 平成30年8月26日(日曜日)13時30分から(開場は13時)

会場厚木南公民館 集会室

講演内容
縄文時代「縄文時代の信仰ー死者との関係ー」講師:阿部友寿(公財)かながわ考古学財団
弥生時代「弥生時代の再葬墓について」講師:植木雅博越谷市役所
古墳時代「神奈川の埴輪について」講師:稲村繁 横須賀市人文・自然博物館
奈良・平安時代「村落内寺院・山寺と瓦塔」講師:冨永樹之 神奈川県教育委員会


平成30年度 第4回考古学講座

日時:9月29日(土曜日) 14時から16時(受付は13時30分から)
演題:「考古資料・神話・伝説から古墳被葬者像を考える」
講師:川崎市教育委員会 新井 悟 氏
会場:かながわ県民センター 2階ホール
定員:250名(応募者多数の場合は抽選)
参加費:無料

://www.pref.kanagawa.jp/docs/ar3/evt/e7902678.html
(2018/07/31 07:20:48)

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [379] 印西市 あんけん 

もう夏が過ぎてしまいましたが、この春道作古墳群の整備が終わり、さらに従来の歴史民族資料館に加えて木下交流の杜歴史資料センターが開所してます。
画像上3っつは道作古墳群の整備状況で、1,4,5号墳を見学でき、駐車場も3枠新設されてます。周りが切り開かれたので6号墳も以前よりは観やすくなってます。
一番下は、そのセンター横に移設された松山2号墳の石室で、上宿古墳など同じく貝化石入りの切石が展示されてるのですが、何故か石は本物なのにアレンジされて配置され、旧状通りではありません。
(2016/10/11 02:25:27)

[379-1] 周辺案内図 ろっこう

去年寄った時の周辺案内図に書かれていた「巴塚」というのは古墳なのでしょうか? (2016/10/11 15:18:15)

[379-2] 無題 あんけん

>>ろっこう様
あれは木曽義仲の愛妾の墓と伝わってるそうですが、周囲のいくつもの木の根元の盛り上がってる所にも花が手向けられてたりして、ちょっと墓であるのかすらも???です。
(2016/10/11 23:34:51)

[379-3] 吉高立田台第2遺跡出土の石棺 あんけん

黒侭古墳群の近くにある印旛歴史民俗資料館に移築保存されてます。鉄道と国道の建設のため10年ほど前に発掘された墳丘の無い5基の内、長方形墳と思われる1基にあった2つの主体部の片方です。この辺の古墳では長期にわたって追葬が行われたものも多く、ここでも実際は6体の人骨が発見されてます(画像の人骨はもちろんレプリカで数も減らしてます)。 2017/04/16 11:41:07

[379-4] 無題 昇寛@管理人

見学会は明日だったでしょうか。
毎年行われていますがなかなか都合がつきません。
石棺の情報もありがとうございます。
(2017/04/22 22:59:34)

[379-5] 現地説明会 あんけん

トップページが閉じてるので、ココに来る方もそうはいらっしゃらないと思いますが、8月26日午前、1号墳の石棺発見に伴う現説があります。雨天時は翌27日順延です。 (2017/08/25 22:03:44)

[379-6] 復活記念 あんけん

1号墳後円部墳頂の主体部検出状況です。
一番手前の天井石と隣の間にすき間ができて砂が落ちてましたが、今回は開けずに戻すそうです。
天井石上の掘り残しのラインが主軸になります。
(2017/09/09 00:34:21)

[379-7] 無題 あんけん

1号墳北東側周溝の検出状況で、黒い部分がそうです。ちなみに当日触れられませんでしたが、1号墳の東北東で道路工事の際に前方後円墳の周溝が別に見つかっており、当日配布の資料右下にちょこっと載ってます。
恐らく2回の開催で50人にも満たない説明会でちょっと寂しかったですね。
(2017/09/09 00:39:45)

[379-8] 道作1号墳 あんけん

今年も調査が続けられ、昨年の後円部側と逆の前方部公園敷地外に今回はトレンチが2カ所設定され、幅約10mの周溝が検出されました。よって1号墳の全長は約66mと判明しました。画像は3号墳のそばから北東を見たところで、奥側トレンチを跨ぐ柵の奥が公園内で1号墳です。

隙間の空いてた石棺も撮影され、解析待ちですが、中には何も無かったようです。
(2018/07/22 14:06:11)

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [433] 群馬HANI-1グランプリ ろっこう 

群馬HANI-1グランプリ!!「群馬県古墳総覧」、「ぐんま古墳探訪」発行に続き本当に今年の群馬は古墳に力を入れている!!
早速私も「エントリーNo.57・ぐんまちゃん埴輪」に投票しました!
興味のある方、ぜひ投票してくださ〜い!!

s://haniwan.com/
(2018/07/20 19:01:48)

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [304] 茨城県の発掘現場説明会 チタミンジャー(会社用) 

いきなりの書き込み申し訳ありません。上野国新田郡庁跡現地説明会の日記で茨城県の発掘現場説明会が23日にあると書いてありましたがどこであるのでしょうか?、教えていただけるとありがたいです。時間があれば行ってみたいのでよろしくお願いします。 (2011/12/22 12:17:53)

[304-1] 車塚古墳・姫塚古墳 昇寛@管理人

大洗町の車塚古墳・姫塚古墳です。
詳しくは大洗町のホームページをご覧ください。
↓ 先頭にhを足してください。

ttp://www.town.oarai.lg.jp/~syougai/syogai/info_g_3_1264.html

うちからだと始発電車に乗っても午前の部(10時)は間に合わないので午後の部(14時)に行く予定です。
(2011/12/22 16:02:24)

[304-2] ありがとうございます チラミンジャー

茨城県の埋蔵文化センターのホームページとかは見てましたが大洗はまったくノーマークでした。ありがとうございます。下野市からは水戸までは1〜2時間なので午前中行けなくもないのですが寄り道しながら午後に行こうと思います。ちなみに僕は古い帽子をかぶった40代のおじさんですのでもしわかったらよろしくお願いします。 (2011/12/22 21:40:08)

[304-3] 下大賀遺跡 あんけん

那珂市の十林寺古墳群そばの下大賀遺跡で道端より新たに周溝と石室、副葬品が発見され、今度の17日に現説を行うそうです。
www.ibaraki-maibun.org/01joho/pdf/20180617shimoooga.pdf
(2018/06/06 12:06:25)

[304-4] 下大賀遺跡1号墳(6c後半) あんけん

現説には行ったものの、撮影素材の公開は禁止となってましたが、周溝掘削後の大きい画像が報道されてたのでリンクを。
www.tsukubamon.jp/wordpress/attach/2018/06/30061402l.jpg
画像は真南から撮影されたもので奥の住宅の背後が十林寺1号墳です。主体部は手前から墓道・羨道・玄室と続いて検出されてます。墳形は円墳とすれば直径約26mを測ります。周溝は奥側(北西側)は1.4mの深さがあるものの、右手前(南側)は40cm程度と浅くなってます。幅は浅い部分で3m程ですが深い部分は5.8mと深さ同様大きくなってます。
石室は凝灰岩の切石の積み上げたものですが、幾つかは本当に柔らかそうでした。
img.news.goo.ne.jp/picture/tokyo/m_tokyo-CK2018061502000163.jpg
小さいですがこちらの画像のちょうど手で指されてる辺りから1m〜90cm位の直刀が3本出ており、その幅広な刃から現在レントゲン調査等が行われてるようです。玄室は道路の淵までしか出てませんが、そのギリギリの辺りからメノウの勾玉が一つ出て、アスファルトの下にも何か埋まってる期待を持たせてくれます。
この遺跡はかなり広範囲で、今グーグルマップで見ると北側の発掘区域に方形周溝墓が並んでるのがちょうど見えます。

(2018/06/27 22:01:20)

[304-5] 無題 あんけん

当日配布資料が公開されました。
www.ibaraki-maibun.org/01joho/pdf/20180617shimoooga_shiryo.pdf
(2018/07/17 19:15:59)

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [432] 上三川町兜塚古墳現説 たなか 

平成30年7月16日(月・祝) 午前10時から正午
に現説があるそうです。お時間と体力のある方は是非。


www.town.kaminokawa.tochigi.jp/f_syougaigakusyu/gentisetumeikai.htm

(2018/07/14 11:13:24)

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [392] 和洋女子大学発掘調査  

現在、和洋女子大学敷地内で発掘調査が行われています。ブルーシートで覆われていますが、土器や住居跡が見つかったそうです。是非行ってみて下さい。 (2017/01/28 20:45:52)

[392-1] 無題 あんけん

>>宮様
地元なので先日の現地説明会も行きましたが、国府台古墳群の中にあって、大学敷地内では古墳は見つかってないそうです。近くの法皇塚古墳のwikiもどなたかが大変詳しく書き直してくれたのでとっても参考になります。
(2017/01/30 19:55:44)

[392-2] 法皇塚古墳

たしかにウィキペディアは見やすいですね。大学構内にあったので外から見学しました。 (2017/02/28 23:10:56)

[392-3] 無題 あんけん

来る6月3日、また別の地点で国府台遺跡の現地説明会があります。今回は古代の道路や弥生時代の住居がメインなのですが、希望者先着(午前・午後各50名づつ)で「文化財めぐり―古代のなごりをとどめる地形と古墳―」というアフターイベントがあります。1キロほど歩くとのことで、明戸古墳と、私有地内で入りににくい(?)法皇塚古墳を周るのではないかと思います。(弘法寺古墳は近くて危なく、栗山古墳群は遠いので)今回は自転車もNGとの事で、遠方からだと坂下か里見公園周辺の駐車場のご利用をお薦めします。

www.pref.chiba.lg.jp/kyouiku/bunkazai/press/2017/20170523kounodai.html
(2017/05/26 19:24:56)

[392-4] ゴメンなさい あんけん

全然予想は外れて、古墳好きーな人向けのイベントではありませんでした。
周るのは弘法寺古墳と、その西の円墳群跡の側にある古代道跡の切り通しだけで、前者は通常の立ち入り禁止エリアの外から観るだけで、後者も、円墳跡は建て替えに伴う発掘で検出された後、地表には何も痕跡を残して無い(とはいえ、私有地内なので跡地自体通常見学できませんが)との事で、参加受付は早々に終了したため自分は参加できませんでしたが、あまり残念でもなかったのがホントのところでした・・・。
(2017/06/03 16:29:41)

[392-5] 無題 昇寛@管理人

それは残念でしたね。
6月10日に秦野市で古墳の現説があります。
仕事が忙しいので行けるかどうか微妙なところです。
(2017/06/04 06:12:54)

[392-6] 旧3号遺構はどれ? あんけん

>>昇寛様
菩提横手遺跡の現地説明会は予想を大幅に超える来場者だったようでしたね。撮影素材はアップ禁止ということで、配布資料の全体図に自分で書き込みしたので来れなかった人にも雰囲気が伝われば・・・。と思ったのですが、「ここにも一基」の奥の工事囲いの外、ビニルハウスの横に1号遺構が残ってるそうで、書き込んだ1・2号遺構は、そのまんま2・3号になる可能性があります。説明会では1号墳が旧3号遺構と仰る方も、2号墳こそがそうだと仰る方もいらしたのでとりあえず文字は気にしないで下さい
2017/06/11 14:05:28

[392-7] 無題 昇寛@管理人

お写真ありがとうございます。
行きたかったのですが都合がつきませんでした。
石室が残っているのなら無理してでも行けばよかった。
(2017/06/21 22:16:39)

[392-8] 遺物もありました あんけん

>>昇寛様
そもそも情報の独り歩きを懸念しての画像禁止だったので(でも某議員さんはブログにアップしちゃってますが・・・)、細かく書きませんでしたが、3基それぞれから直刀等が出て、しかも現地説明会前日に急ぎで回収されたため、刀の錆がそのまんま発見場所を表してくれてたり、2号墳では鉄鏃がまだ残ってたりしました。1号墳は天井石も残ってて、内一個はパネル展示の足元に移動されて触る事ができました。
画像の草が生えたままの古墳の可能性のある3基も、側道次第で同じ運命を辿りそうで、最悪工事現場外に1基だけ外れた1号遺構だけが残るのかもしれません。
(2017/06/22 23:34:18)

[392-9] 市川じゃないんですけど・・・ あんけん

過去スレ消したくないので横手菩提遺跡の続報です。調査の最後に珍しい中空土偶が出て話題となってますが、古墳的にもその土偶発見地点の側、上の全景写真の左下で両袖式の石室が見つかり4号墳とされてます。人骨、刀子、鉄鏃、管玉、ガラス玉、小玉等玉類が出土。中世に、天井石の上に五輪塔や石を並べて積石塚が構築されてました。とはいえ非公開の工事前の写真だとここが一番古墳っぽいのですが・・・現説時には全く触れられてませんでした。
1号墳―直径16.4mの円墳、無袖式石室は内寸6.7m×1.1m
2号墳―直径8.8mの円墳、無袖式石室は内寸3m×0.7m
3号墳―直径12.2mの円墳、奥壁側1.5mのみ石室残存で幅0.85m
4号墳―直径推定14mの円墳、両袖式石室は内寸5m×1.5m
現説当日配布資料
www.kaf.or.jp/wordpress/wp-content/uploads/2012/02/bodai.pdf
(2018/07/08 17:57:46)

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [384] 11/19の現説 チラミン侍 

前の書き込みが長いのでとりあえず新規で書かせてもらいます。中止にもかかわらず行ってしまいました・・・。十時過ぎについたら近くに誰もいなかったので電話したら中止とのこと。でも栃木から来たとゆうことで特別に一号墳の石室を見せていただきました。神奈川県の人は対応がやさしくてよかったです。 2016/11/21 12:28:06

[384-1] 無題 昇寛@管理人

チラミン侍様、お返事が遅れ申訳ありません。
石室が残っていたのですか。無理してでも行けばよかった。
(2016/12/31 11:21:42)

[384-2] 上糟屋・子易遺跡現説 あんけん

当日の様子がちょこっと紹介されてます。自分もしっかり写ってしまってます・・・。2号墳の主体部は見えませんね。
www.kaf.or.jp/wordpress/wp-content/uploads/2017/01/koyasu1.pdf
今週の土曜日、第2回目が開かれます。今度は中世の遺構がメインとのことで、前回のちょっと東側の紹介になるので、古墳は同様に見られるかは不明ですが、発掘作業も見学できるようです。
www.kaf.or.jp/wordpress/wp-content/uploads/2017/01/koyasu.pdf
(2017/01/18 18:53:02)

[384-3] 無題 あんけん

昨日横浜歴史博物館で発掘調査成果発表会があり、それによると1号墳は円墳でしたが、次に述べる4号墳辺りで周溝が内側に曲がってて奇麗な円形を成していません。
1号墳の周溝北東側に隣接するようにして、2号墳とほぼ同じ南西向きの石室と段差を設けた羨道が出て、4号墳とされてます。直径約9mの周溝も出ましたが南側は1号墳に破壊されてます。鉄鏃5点出土。
4号墳の北北西2m弱で小型の石室のみが発見され小石室1号とされてます。これだけほぼ真南を向いてて規模は約1m×約1.5mで遺物は無し。
4号墳の北東、工区のギリギリの場所でも石室が出て3号墳とされてます。よって横の無名墳は3号にはなりませんでした。もっとも遺跡が広すぎて工区毎に番号を振ってるので、工区外は一緒の古墳群にはされなさそうです。この石室も残ってたのは下部だけで、しかも工区外にかかってるため奥壁まで発掘されておらず、周溝も確認出来てません。向きは角度は異なるものの1号墳と同様南東を向いており、真上から見ると交互に向きを変えた古墳が4基並んでる感じです。遺物が多く、鉄鏃20以上、鉄釘2、刀子1、土師器杯2、須恵器瓶1が出土してます。
さらにこれらの南東に離れた工事事務所の東の別工区でも石室が出て1号墳とされてます。石材は中世の建物の礎石等の転用が見られ掘削も激しく周溝も確認出来てませんが、人骨と金属製品が出てるようです。図録による発表ながら配置図等がこちらは掲載されてないので向きは不明です。また撮影素材も公開禁止でした。
(2018/07/08 17:17:45)

  この記事は このアドレス で表示できます。




 
Cool Shot! Ver. 4.1