現在 10件/1ページ 
140891

   i-mode  検索      

↑投稿は上のボタンから。リンクを含む投稿は拒否されますのでご注意を!(httpを省略すればOK)


クイックアクセス

[400] ブログ始めました (9)  [381] 壬生町遠見塚古墳の現 ... (20)  [415] 遅レス御免 (4)  [419] 太田市百庚申古墳 (1)  [418] 桐生市・小林天神古墳 (1)  [417] 群馬県桐生市新里付近 (1)  [416] 群馬県玉村町若王子古 ... (1)  [414] 平成29(2017)/9/30川 ... (4)  [358] 川越市山王塚古墳現説 (16)  [413] 茨城県取手市・市之代 ... (1)  



  [400] ブログ始めました ろっこう 

「埼群古墳館」のようなすごい情報にはとても及ばないので、入門者、初心者に特化した古墳紹介ブログ「シュタイブ!」作ってみました。
://syutaibu.exblog.jp/
慣れないことと諸事情あってコミック第2トレンチからのスタートです。未熟者ですのでご指導よろしくお願い申し上げます。
手描きマップも順次アップしていきます。
(2017/03/10 21:14:31)

[400-1] 楽しい 昇寛@管理人

漫画お上手なんですね。ろっこう様にこのような特技があったとは。いや、このこなれようだとプロかプロ経験者?
次回も楽しみにしています。

早速ですがリンクに加えさせていただきました。
(2017/03/12 16:21:42)

[400-2] ありがとうございます ろっこう

>昇寛さま
リンクありがとうございます。こちらも操作に慣れたら「埼群古墳館」のリンクを貼らせていただきますのでよろしくお願いします。

漫画は20代、30代に雑誌投稿していましたが、万年予選落ちで「才能無いや。やめやめ!」と諦めましたが、先日職場に持って行ったら大絶賛で「古墳サイトのコンテンツに丁度いいかも」と20年ぶりにペンを握ってみました。第1トレンチも原稿は完成していますが、「この公共施設の許可ももらった方が無難かな?」と留保中です。
第3トレンチのペン入れ始めましたのでゆるゆるとお待ちください。
(2017/03/12 17:00:45)

[400-3] ああ、PC音痴・・・ ろっこう

RSSフィードに明るくないせいか、リンクがうまく行きません。
このURL以外だと入力を拒否してくるし、情報の送り手側の大変さが身にしみます・・・
(2017/03/13 03:15:20)

[400-4] 第1トレンチアップしました ろっこう

第1トレンチ「古墳はどこにでも」アップいたしました。やはり第2トレンチ(話)からでは締まらないのでこれでやっと形になりました。 (2017/03/19 22:38:06)

[400-5] 無題 昇寛@管理人

これで話が繋がりました。
古墳おじさんは、やっぱりろっこうさんですね。
(2017/03/21 15:01:18)

[400-6] 見た目が違います ろっこう

>昇寛さま
> 古墳おじさんは、やっぱりろっこうさんですね。
私はハゲですけどね(汗)
(2017/03/21 16:26:29)

[400-7] 第3トレンチ・アップ ろっこう

ようやく解禁日となりましたので「コミック・シュタイブ・第3トレンチ・首都圏の駅前古墳」をアップしました。
向こうで感想のコメなどいただけると幸いです。
(2017/06/21 05:54:33)

[400-8] 第4トレンチアップしました。 ろっこう

「コミック・シュタイブ・第3トレンチ・意地の先」をアップしました。
感想のコメなどいただけると幸いです。
(2017/11/28 17:05:11)

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [381] 壬生町遠見塚古墳の現地説明会 たなか 

こんにちは。
ご存知かもしれませんが、久しぶりの日曜日の現説があるそうなので、お知らせします。
20日、壬生の羽生田で、遠見塚古墳の現地説明会があります。午前10時と午後1時だそうです。ふれあいプールというところが駐車場で、結構歩きますね。
胴張り型の石室の立派なのが見つかったらしい。と知らせてくださった方がいまして。
では。
(2016/11/05 09:22:15)

[381-1] 日付を間違えました たなか

13日でした。
すみません。一週間間違えました。
あぶないあぶない・・・
(2016/11/05 10:48:54)

[381-2] ありがとうございます 昇寛@管理人

たなか様、情報ありがとうございます。
ネットではみつからないですね。地元向けかもですね。
是非都合をつけて行ってみたいと思います。
(2016/11/07 18:54:23)

[381-3] 無題 昇寛@管理人

壬生町のホームページに案内がアップされました。
行けるといいな。
(2016/11/08 12:16:39)

[381-4] 写真だけ あんけん

詳細は昇寛様がされると思うのでとりあえず主体部東から見たところです。本当は人を全員消したかったのですが。 (2016/11/14 11:53:37)

[381-5] 出ちゃった あんけん

これは午後の会で前室と、除けた封土から自分が見つけちゃった須恵器片で、展示されてた大きい破片と同じ模様が入ってました。 (2016/11/14 11:56:05)

[381-6] 行けず 昇寛@管理人

体調が思わしくなく(咳が止まらない)大事を取って休んでました。よろしかったらほかの写真もお願いします。 (2016/11/14 16:23:06)

[381-7] 報告ありがとうございました ろっこう

仕事で涙をのみました(泣)
(2016/11/15 00:28:01)

[381-8] 出土品 あんけん

発掘時出土品が少なく、地元小学生に体験発掘をさせたら耳環等が出て大変喜んだとのこと。それでまだあるんじゃと探して見つけたのが先の須恵器片でした。 (2016/11/15 18:58:26)

[381-9] 擬似前門 あんけん

説明会の途中まで発泡スチロール製の前門を二人がかりで支えて再現してくれてました。 (2016/11/15 19:03:07)

[381-10] 前門の石材 あんけん

こちらが本物の石材です。 (2016/11/15 19:04:44)

[381-11] 午後だけの解説でした あんけん

この横の縞々はひっかいたのではなく、砂利と土の積層です。河原石を一段積む毎に外側の土も固めていった工程の跡です。場所によっては裏込め石もあります。 (2016/11/15 19:08:50)

[381-12] 墳丘名はどうなる? あんけん

玄室から羨道までは9mあり、調査前の直径約20mの墳丘(ストリートビューで僅かに見えます)とはサイズが合わないので、今後南と西でトレンチを切ってサイズや墳形を調べるとのことですが、もっと大きくなることが想定されてます。

ただ午後の説明会の途中で地元の方から「遠見塚はもっと北にある、ここじゃない」、「そちらもマウンドの一部残ってるが公に認識されてない」、「そちらにはもっと大きい石材が使われてる」、「ただし字名は三番塚ではない」といった情報が寄せられましたが、お持ちになった遺物は古墳時代ではなかったことと、明治の地誌編輯材料取調書には字三番塚二アリとの記載がある事から、その場では半信半疑な空気でしたが、オフィシャルで説明会の案内ページが消されたので、もしかしたら元の三番塚古墳に戻る可能性もあるのかもしれません。
(2016/11/15 19:25:51)

[381-13] 無題 たなか

写真は誰かが撮ってアップしてくれるだろうと、最近はヘタな写真を撮るのをやめてしまいまして。詳しい話も、多分誰かが、とメモを取るのさえやめてしまったので。助かります。
すっかり老眼が進んでしまって。

私は午前に行ったのですが、石室の中に(石の上とか)人が入っていて、「良いのか?!」と。
酢液辺の出てきたのって、「上に乗って見ると良いですよ」って言ってたあの土の山ですよね。乗ってたのに。午後に行けばよかった。
(2016/11/17 09:04:26)

[381-14] 酢液辺じゃなくって たなか

須恵器片。
(2016/11/17 09:07:31)

[381-15] 無題 あんけん

>>たなか様
下野新聞の記事が出ましたね、写真は午後の会で、自分も写ってますが。須恵器片は玄室横の山の下の方と、前室床の真ん中辺りにありました。なので午前中から見えてたハズと思います。遺構はまた埋め戻してしまうので、もう一般の方が見られないそうです。恐らくどけてる石材も中に適当に入れて埋めるから自由に入って・触ってという感じでしたがさすがに誰も横にはなってくれませんでしたね。

午後の会は午前に出た質問等も反映されましたし、今回は地元の方の衝撃発言があり、将来有望な子供達もいました。逆に午前の会は埋文センターの関係者や同日あった古墳セミナーの方々等詳しい方がマニア以外にも来てたそうです。
2016/11/17 20:33:31

[381-16] 無題 のろころ

同じく行けなかった者です。
壬生町って現地説明会の復元の模型作ったり、見学者にイメージつきやすい取り組みをしているような気がします。

私も個人の写真掲載や説明会情報ないかなと検索していたところ、
以下の県文化財課のFacebookに空撮画像・復元想定図・測量図が掲載されています。

”体感!!とちぎの文化財〜見て 聞いて 触れて 香って おまけに食べて・・・あなたの「いいね!」はなんですか?〜”
(2016/11/17 21:48:56)

[381-17] 対見学者へのとりくみ あんけん

>>のろころ様
羽生田の古墳のポストの地図もコレに来てた人がいたのか長塚古墳以外は全て無くなってました。著名な墳丘だけですし、地図も周遊ガイドみたいなイラスト地図ですが、ちゃんとしたフルカラー印刷ですし、ポストの中で汚れたり濡れたりしないよう厚手のビニール袋でくるんであって好感が持てました。

また車塚古墳の石室入り口の堆積物も排除して埋文センターの模型と同じ状態で自由に見学できるのも大変有難かったです。
(2016/11/17 23:34:12)

[381-18] 三番塚古墳になったようですね。 たなか

19日に、しもつけ風土記の丘史料館で壬生の君島さんの講座がありまして、遠見塚は別の塚でこの古墳は三番塚だと説明がありました。 (2017/11/21 15:14:57)

[381-19] やっぱり あんけん

>>たなか様
おぉ、そうでしたか!御報告有難うございます!遠見塚は古墳であるかどうかはまだ判りませんが、一応残骸みたいなものは残ってますからねぇ。すっきりしました。
(2017/11/21 21:53:33)

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [415] 遅レス御免 昇寛@管理人 

書き込みをしてくださった皆様、返信できず申し訳ありませんでした。未だ古墳行に重い腰が上がらない状況です。

これからは花のシーズンにあわせて古墳写真を楽しみたいと思っています。検索のお勧めに桜・花を追加してみました。情報がありましたらお寄せください。
(2017/10/12 10:18:46)

[415-1] 長文失礼 ろっこう

昇寛さまに古墳の紹介というのも面映ゆいですが、桜や花とコラボの別物ということで。

静岡県葵区・賤機山古墳・牧ヶ谷古墳(耕雲寺敷地内)・茶臼山古墳(愛宕霊園内)
賤機山古墳は静岡浅間神社の廿日会祭りで桜を愛でていて、外国人の観光客も多数いました。自転車で他の古墳に移動の時も葵区は街路樹が桜でハッピーでした。
他2ヶ所の古墳は拙ブログ「シュタイブ」カテゴリ・桜と古墳・【2012】静岡県葵区を参考にしてください。

千葉県香取市・城山古墳群まわり
桜つつじまつりの時期の城山公園はぼんぼり、カラオケで楽しめます。

埼玉県深谷市・鹿島古墳群
桜の時期を外しても1kmに渡る古墳公園一面に咲く菜の花を見るだけでもハッピーです。
拙ブログ「シュタイブ」カテゴリ・桜と古墳・【2013】埼玉県深谷市・鹿島古墳群も参考にしてください。

栃木県鹿沼市・判官塚古墳
桜・菜の花・水仙、名前を知りませんが古墳で見かける紫の小さい花などがいっぺんに咲いていて、春の古墳で私的に美しさNo.1の古墳です。
拙ブログ「シュタイブ」カテゴリ・桜と古墳・【2016】去年の栃木県鹿沼市・判官塚古墳も参考にしてください。

群馬県太田市・紫雲塚古墳
桜のみならず、花桃も同時に咲いていてピンクに染まっていた古墳。
拙ブログ「シュタイブ」カテゴリ・桜と古墳・【2017】4/5群馬県太田市の桜と古墳も参考にしてください。

う〜む、結果的に自分のブログの宣伝に終始したような・・・(汗)

PS.桐生市付近の古墳情報ありがとうございました。
連日雨の予報で効率悪そうですが、参考にさせていただきます。




(2017/10/14 20:33:06)

[415-2] 神奈川県横浜市青葉区・市ヶ尾横穴墓 ろっこう

住宅地の坂の上の方というイメージなので、自転車だと行きはつらいですが、このロケーションで疲れもとびます。自転車だと帰りは下りで天国ですし。 (2017/11/04 19:06:51)

[415-3] 神奈川県伊勢原市・ダイジン森 ろっこう

墳丘は本館でご紹介の通りのハゲ山ですが、通りからの入口のダイジン森はこんな感じです。
古墳巡りを始めたばっかりなのと、こんな小規模の森に(この写真に写っている範囲ですべて)名前が付いているのが意外で印象が強かったのかも知れません。
記録だと4/24となっているのでソメイヨシノではないと思います。
(2017/11/04 19:16:39)

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [419] 太田市百庚申古墳 ゆら 

10月の初めに撮影しました。
藪などを刈り取って、倒れていた庚申塔を立て直してキレイになりました。
県の一斉調査の一環として整備したのでしょうか?
(2017/10/23 01:27:21)

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [418] 桐生市・小林天神古墳 ろっこう 

不鮮明かもしれませんが、現在石室は危険なので土嚢で塞いでいるそうです。 2017/10/20 02:48:41

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [417] 群馬県桐生市新里付近 ろっこう 

写真は武井廃寺塔跡です。武井古墳群近くで「城・武井3号遺跡(縄文・平安時代)」調査中の学芸員さんからいろいろお話を聞けて、今まで廃寺と言われていたこの遺跡、墳頂の石塔を除けばまわりに遺構は何もなく、盛り土が八角形をしていることが分かり八角形墳の可能性が高いそうです。現代の道路わきの部材を使用し、土留め兼基壇面3段ないし4段の形状を保存しているそうです。大阪からも見学の方がいらしたそうです。中塚古墳に行かれる方はぜひお寄りください。 (2017/10/18 22:57:29)

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [416] 群馬県玉村町若王子古墳 ろっこう 

墳丘に近づけなかったそうなので近影をアップします。
小泉大塚越3号墳で校長先生から「もう少し早い季節なら近くの畑にクロップマークが見えたのに。この間も担当者が学校の屋上から見ていったよ。」とおっしゃっていました。昇寛さまはこの情報ご存知だったでしょうか?
(2017/10/17 20:09:58)

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [414] 平成29(2017)/9/30川越市山王塚現説 埼玉古墳軍 

新スレ御免。ちょいとまとめたかったので。

平成24年度 墳形確認―上円下方墳確定(第1次発掘調査)
平成25年度 墳形詳細調査―原形遺存度良好確認
平成26年度 石室レーダー探査―10m超石室確認
平成27年度 周溝墳丘トレンチ調査―版築状況確認(第2次発掘調査)
平成28年度 周溝石室前庭部調査―80m超規模確認・7C後半須恵器(第3次発掘調査)
平成29年度 推定石室上部よりトレンチ調査(第4次発掘調査) ←今ここ

 川越市としては日本最大の上円下方墳としてあわよくば国史跡指定まで狙っていたようです。
 しかし今回の主体部調査でいささか残念なことになってしまい、調査の継続すら心配されます。
 以下今回調査の結果です。

・石室はほぼ破壊されている
・埋戻しの土の中の宋銭、青磁などから13C以後の破壊と推定される
・緑泥片岩の板、河原石、緑泥片岩、角閃石安山岩の破片が残されている

 まあ、盛大に破壊されたもんで、我々も底面の石だけ残っている程度に破壊されたものは見慣れてますが、これだけ何も無くなっているのも珍しいと感じました。
 写真の大き目の緑泥片岩の板はまだ土中に続いているようですが、担当者は「どれぐらいつづいているかわからない」旨言っていました。その口ぶりだと、もうこれ以上掘らないようにも受け取れました。
 成果が見込めないままこれ以上神社でもある古墳の破壊を進めるのは地元の理解も得にくいかもしれませんので、この辺で調査終了かもしれません。
(2017/10/03 15:16:58)

[414-1] 未確認古墳? 埼玉古墳軍

山王塚の東方、川越駅の方に向かって歩いていたらちょいと気になる物件がありました。西武線を渡る踏切の脇にある窪稲荷神社という神社で、「埼玉の神社」という書物だかサイトだかに「社殿は古墳上にあり」と記載されている旨の情報があります。 2017/10/03 15:33:18

[414-2] さらに 埼玉古墳軍

 窪稲荷様の敷地の東端、集会所脇の線路間際にもう一つ墳丘っぽいものが見られました。南大塚古墳群の仲間なのでしょうか。
 何でこんなもの見つけたかというと、山王塚の緑泥片岩が板碑かなにかに転用されて付近の神社仏閣に残っていないか覗き込みながら歩いていたからでした。
(2017/10/03 15:29:01)

[414-3] 東京都大田区・観音塚古墳、田園調布赤坂古墳 ろっこう

当日説明されていた方が「今回山王塚西古墳に重なるように造られていることがわかったが、古墳に古墳を重ねる事例が他にあるだろうか?」とおっしゃっていたので、「東京都大田区・観音塚古墳がそうだと思いましたよ」と答えるとかなり興味をお持ちの様子だったので、帰宅してから調べたらやはりありました。【品川歴史館特別展「東京の古墳」ー品川にも古墳があったー
2005(平成17)年10月・編集:品川区立品川歴史館・発行:品川区教育委員会
P20】
平成13年の調査で観音塚古墳の下に直径15m前後の円墳があり、田園調布赤坂古墳とされ、
写真右下の円筒埴輪はじめ出土品もあるそうです。
拙ブログにアップして連絡したらお礼を言われました。
他に同様の事例をご存知の方いらっしゃいましたら川越市文化財保護課にお知らせすると喜ばれると思います。
(2017/10/03 22:31:06)

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [358] 川越市山王塚古墳現説 昇寛@管理人 

12日(土)に川越市山王塚古墳の現地説明会が開催されます。
午前の部に行く予定ですので見かけたら声をかけてください。

前のスレッドで勘違いして7日開催と書いてしまいました。申し訳ありません。
(2016/03/09 08:22:52)

[358-1] 多分正午頃 ろっこ

行く予定ですが駅に11時、昼飯をとると正午頃になりそうです。 (2016/03/11 20:49:45)

[358-2] 盛況でしたね ろっこう

事前に情報をネットで拾えず、流山市の鰭ヶ崎三本松古墳のように来た人に次々説明するのかと思ったら、午前中に到着したものの地元の方によると「次の説明は2時だよ」とのことで、昼食をとっても残り1時間半ほどを震えながら待った。しかし見学会は午前より大勢集まったそうで、内容も「国内最大の上円下方墳で国指定史跡に申請目的の調査」とか、「16m石室があるようで近年羨道部にトレンチを入れる予定」とかまだまだ成果が気になる古墳である。 (2016/03/12 20:27:49)

[358-3] 無題 あんけん

うぅ、夏の石室捜査後に期待です。ところで南大塚古墳群って昇寛様が9墳丘紹介されて、内3墳丘が消滅してますが、ウィキだと13基現存となってます、山王塚周辺などに、あまり紹介できない立地の墳丘があるのでしょうか? (2016/03/19 14:28:59)

[358-4] 学芸員さんによる回答 ろっこう

>あんけん様
自分で数年前に調べただけで寄っていない古墳の現状をいつものクセで学芸員さんに訊ねた際の口頭での回答は次の通りです。
山王塚西古墳・当日の資料と現場を見比べれば一目瞭然で消滅。
南大塚4,5,8号墳・消滅・6,7号墳・現存?
西中原1号墳・消滅
中原古墳・消滅
寺ノ側古墳・現存
(2016/03/19 22:39:09)

[358-5] 無題 あんけん

>>ろっこう様
新たに消滅が確認できたのが、永久保1号古墳、二ツ塚古墳、千蔵塚古墳です。西中原1号墳と中原古墳は無くなったのならつい最近の事と思われ、各航空写真・ストリートビューではまだ見られます。山王塚西古墳は大正初期の破壊ですからよく遺物が残ったと思います。第2支群の5〜8号墳は昨年調査と説明会が行われた後宅地化されてしまい、埼玉古墳軍さんぐらいしか消滅前の訪問記は拝見できてません。たしかどこかで山王塚よりも東も含めた分布図を載せてくれてるページがあったハズなんですが・・・。
(2016/03/20 05:08:07)

[358-6] 中原古墳は現存 昇寛@管理人

現説のさいに通りかかったので撮影しました。 (2016/03/20 07:46:06)

[358-7] 反省しました ろっこう

地元の学芸員さんとはいえ、準備していない質問をいきなりして、しかも自分では確認していないのでは多くの方に迷惑がかかるのですね。恥ずかしいですがあえて削除はせず、ご覧になった方々と川越市の職員の皆さまにお詫び申し上げます。今後ネットで発言するときにはもっと確度の高い情報を上げるよう心がけます。
繰り返しになりますが申訳ありませんでした。
(2016/03/20 14:16:57)

[358-8] 問題ないです 昇寛@管理人

ろっこう様。
私も誤った情報をよく書き込んでしまいます。
アマチュア同士ですからあまりかたく考えず伝聞情報でも問題ないですからお気軽に書き込んでください。
(2016/03/20 17:55:25)

[358-9] 無題 あんけん

>>昇寛様
中原古墳の画像、ありがとうございます。近くで似ていた永久保1号古墳も最近の削平だそうですね・・・。

>>ろっこう様
正確さは限界があると思います。むしろややあやふやでもいろいろな情報を交換する事の方が大事だと思います。墳丘番号や方角など、正確性を求めてツッコメる場所もあるでしょうが、訂正の時点で確認をとってお知らせしたら宜しいのではないのでしょうか?あると聞いてなかったらガッカリするだけで迷惑とかではありませんし・・・。
(2016/03/21 01:32:38)

[358-10] 前庭 あんけん

前回の現地説明会の後、上円部のトレンチは埋め戻され、新たに鳥居の後方に設けられ、主体部の前庭が検出されました。予算の関係上今回は石室までは到達できてませんが、次回への期待が膨らみます。 (2016/08/29 01:29:02)

[358-11] 行けずに残念 昇寛@管理人

出勤ではなかったのですが自宅待機を強いられ行くことができませんでした。
前庭部が発見されたのですね。次回がすごく楽しみになりました。
絶対行きたいですね。
(2016/08/31 15:23:14)

[358-12] 無題 あんけん

今月30日に、見学会が催されます。進捗情報は無いので、新発見があるのかどうか・・・。 (2017/09/04 12:53:14)

[358-13] 大盛況でした あんけん

午前の部に参加しましたが、道作古墳群の現説の十倍くらい見学者が来てました。ブログを書かれてる方々ともお会いできて良かったです。

肝心の主体部は「あー↓」と「おー↑」が半々でした。墳頂部がやや凹んでいたとはいえあの規模で盗掘口が開いてたとはかなり残念です。
2017/10/02 13:46:02

[358-14] 羨望 ろっこう

>あんけん様
午後の部に参加しました。
前回は大雨だったので参加者数が段違いでしたね。
(2017/09/30 22:47:04)

[358-15] 無題 あんけん

>>ろっこう様
午後も盛況ですね。午前も人が多過ぎて数箇所に分かれて説明を受ける形式でしたが、天気が良くて前のように雨粒に悩まされないのが助かりました。今後の調査はなんか消極的っぽいですが、どうなるのでしょうね・・・。
2017/10/02 02:22:45

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [413] 茨城県取手市・市之代3号墳 ろっこう 

4号墳を撮影した位置はおそらくこの標柱のあたりだと思うのですが、位置がわからなかったように書かれているのは何故でしょう。
昇寛さまが行った時にはまだなかった?遺跡地図と場所が違う?
車道からも見える位置にあります。
(2017/09/19 23:50:19)

  この記事は このアドレス で表示できます。




 
Cool Shot! Ver. 4.1