現在 10件/1ページ 
145341

   i-mode  検索      

↑投稿は上のボタンから。リンクを含む投稿は拒否されますのでご注意を!(httpを省略すればOK)


クイックアクセス

[429] 群馬の博物館の古墳時 ... (2)  [428] 前橋市白山古墳 (1)  [407] 群馬県古墳総覧が刊行 (7)  [400] ブログ始めました (13)  [346] パクリ屋古墳商店 (6)  [206] 大日山古墳群 (7)  [413] 茨城県取手市・市之代 ... (7)  [415] 遅レス御免 (6)  [427] 世界の眼でみる古墳文 ... (2)  [381] 壬生町遠見塚古墳の現 ... (21)  



  [429] 群馬の博物館の古墳時代の企画展示 ろっこう 

5/18に群馬の博物館3軒をハシゴして資料の整理をしていますが、
それで知った群馬の博物館の古墳時代のイベントです。

高崎市観音塚考古資料館
4/5〜9/30「昔を語る多胡の古墳」
元々あそこは古墳時代専用の博物館ではありますが。

://www.city.takasaki.gunma.jp/docs/2014090500010/

群馬県立歴史博物館
7/14〜9/24「塚廻りの埴輪-小古墳群の美しき埴輪世界-」

://grekisi.pref.gunma.jp/future_exhibition.html

PS
昇寛さまに教わった前橋市粕川歴史民俗資料館に展示されている「目が顔の前にある馬(白藤V-4号墳) 」が「ぐんまちゃん埴輪」と呼ばれている旨を前橋市教育委員会発行の冊子「赤城山南麓の古墳」で知りました。
ぐんまちゃんのモデルなら本庄市のはにぽんと同じですね(笑)
2018/05/21 13:19:16

[429-1] 無題 昇寛@管理人

企画展の情報ありがとうございます。
近いうちに訪れてみたいと思います。

ぐんまちゃんはポニーがモチーフですので埴輪とは関係ないのでは。この埴輪がゆるキャラのような容貌なので「ぐんまちゃん埴輪」と呼ばれているのだと思います。
(2018/05/25 09:32:38)

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [428] 前橋市白山古墳 ろっこう 

埼群古墳館さんに看板に関して記載されていませんので、新規設置かもと投稿いたします。 (2018/05/18 22:59:30)

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [407] 群馬県古墳総覧が刊行 ゆら 

平成の上毛古墳綜覧である「群馬県古墳総覧」が刊行されました。
まずは図書館や学校、県庁県民センターなどに配布ということなので近所の図書館をのぞいてみようと思います。

参考記事
ttp://www.pref.gunma.jp/houdou/x46g_00003.html
(2017/06/03 12:23:19)

[407-1] 無題 昇寛@管理人

私も気になって教育委員会に電話してみたのですが、HPにあるとおり一般販売は検討中とのことでした。なんとか入手したいものです。 (2017/06/04 06:09:54)

[407-2] 無題 のろころ

総社歴史資料館に寄ったついでに市立図書館総社分館を覗いてみたら、新刊で置いてありました。貸し出される可能もあるので、図書館のHPで事前確認してくださいとのことでした。

あまり時間が無かったので、ぱっと見でしたが昔ながらの古墳分布一覧の様でした。(CDの中身は見ていません)世界測地系の緯度経度でもあれば、デジタルマップに起こしたりと使い易そうなんですが・・・
(2017/07/02 18:57:00)

[407-3] 無題 ゆら

刊行から一か月経ちましたが、私もようやく見ることができました。
全てを見ようとすると時間がかなりかかりそうな感じで、とりあえず気になる場所だけ重点的に見ました。
特に古墳一覧は自宅のパソコンで国土地理院の航空写真やグーグルの地図と比べながらといきたいところです。

CDは私も見ていませんが、前回の調査票みたいな詳細なデータを期待しています。
(2017/07/08 23:36:10)

[407-4] 無題 ゆら

群馬県古墳総覧が5/1に一般発売です。
値段はもっと上と予想していましたが、ほぼ3000円でうれしい価格です(笑)。

参考記事
ttp://www.sankei.com/region/news/180418/rgn1804180038-n1.html
(2018/04/19 23:24:14)

[407-5] 無事入手 昇寛@管理人

本日手元に届きました。
買いに行くのが面倒なので全国官報販売協同組合HPの通販を利用しました。

上毛古墳綜覧の地番だけを頼りに廻った古墳が多数あるので、答え合わせが楽しみです。
(2018/05/09 19:04:27)

[407-6] 神奈川県では5/11 ろっこう

神奈川県の一般書店ルートで本日入手いたしました。

目がまわるほど古墳が掲載されていますが、大部分は削平されているのですね。
拙ブログのコミック「シュタイブ」は間もなく最終回を迎え、次回作の大きな舞台が群馬県なので、取材に行った際は活用させていただきます。

情報ありがとうございました。
(2018/05/11 16:27:06)

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [400] ブログ始めました ろっこう 

「埼群古墳館」のようなすごい情報にはとても及ばないので、入門者、初心者に特化した古墳紹介ブログ「シュタイブ!」作ってみました。
://syutaibu.exblog.jp/
慣れないことと諸事情あってコミック第2トレンチからのスタートです。未熟者ですのでご指導よろしくお願い申し上げます。
手描きマップも順次アップしていきます。
(2017/03/10 21:14:31)

[400-1] 楽しい 昇寛@管理人

漫画お上手なんですね。ろっこう様にこのような特技があったとは。いや、このこなれようだとプロかプロ経験者?
次回も楽しみにしています。

早速ですがリンクに加えさせていただきました。
(2017/03/12 16:21:42)

[400-2] ありがとうございます ろっこう

>昇寛さま
リンクありがとうございます。こちらも操作に慣れたら「埼群古墳館」のリンクを貼らせていただきますのでよろしくお願いします。

漫画は20代、30代に雑誌投稿していましたが、万年予選落ちで「才能無いや。やめやめ!」と諦めましたが、先日職場に持って行ったら大絶賛で「古墳サイトのコンテンツに丁度いいかも」と20年ぶりにペンを握ってみました。第1トレンチも原稿は完成していますが、「この公共施設の許可ももらった方が無難かな?」と留保中です。
第3トレンチのペン入れ始めましたのでゆるゆるとお待ちください。
(2017/03/12 17:00:45)

[400-3] ああ、PC音痴・・・ ろっこう

RSSフィードに明るくないせいか、リンクがうまく行きません。
このURL以外だと入力を拒否してくるし、情報の送り手側の大変さが身にしみます・・・
(2017/03/13 03:15:20)

[400-4] 第1トレンチアップしました ろっこう

第1トレンチ「古墳はどこにでも」アップいたしました。やはり第2トレンチ(話)からでは締まらないのでこれでやっと形になりました。 (2017/03/19 22:38:06)

[400-5] 無題 昇寛@管理人

これで話が繋がりました。
古墳おじさんは、やっぱりろっこうさんですね。
(2017/03/21 15:01:18)

[400-6] 見た目が違います ろっこう

>昇寛さま
> 古墳おじさんは、やっぱりろっこうさんですね。
私はハゲですけどね(汗)
(2017/03/21 16:26:29)

[400-7] 第3トレンチ・アップ ろっこう

ようやく解禁日となりましたので「コミック・シュタイブ・第3トレンチ・首都圏の駅前古墳」をアップしました。
向こうで感想のコメなどいただけると幸いです。
(2017/06/21 05:54:33)

[400-8] 第4トレンチアップしました。 ろっこう

「コミック・シュタイブ・第3トレンチ・意地の先」をアップしました。
感想のコメなどいただけると幸いです。
(2017/11/28 17:05:11)

[400-9] 第5トレンチ前編アップしました ろっこう

://syutaibu.exblog.jp/26423863/
第5トレンチは前編・中編に古墳が出てこないので紹介するの気が引けますが、昇寛さまのコメント「二人の関係がどうなるか?」だけに甘えての発言です。

>昇寛さま
本日神奈川県座間市の鷹番塚横穴群へ行きましたが、あの説明版を埼群古墳館に紹介しなかった理由があるのでしょうか?
それから鈴鹿横穴群近辺にはお立ち寄りになりましたか?
(2018/02/06 23:43:42)

[400-10] 無題 昇寛@管理人

コミックこれから拝見します。

鷹番塚の説明版はアップし忘れていました。深い意味はないです。
(2018/02/11 16:02:15)

[400-11] 鈴鹿横穴群 ろっこう

本日見て来ました。「神奈川の古墳散歩」の記述通り個人宅の許可が必要な立地です。石室は崩れていて現在中へは入れないそうです。
「神奈川の〜」では一基のみ確認できると書いてありますが、説明版すぐ脇に同じ群と思われる穴がひとつ見えます。入口の石組は確認できません。
(2018/02/21 16:40:59)

[400-12] 新作アップ ろっこう

コミック・シュタイブ・第5トレンチ「10年目のぬくもり」中編をアップしました。 s://syutaibu.exblog.jp/26755825/

一応古墳の紹介めいた部分も1ページありますが、
「これが古墳の紹介と言えるか!?」
とお叱りをいただきそうな内容でもあります。
コミックという表現だと古墳のこういう利用方法もあるのか、
と寛大なお気持ちでお読みいただけると幸いです。

続きものなので、第1トレンチ「古墳はどこにでも」
及び第5トレンチ「10年目のぬくもり」前編
既読の方を想定しての構成になっております。
未読の方は先にこれらを読むことをお奨めいたします。

第1トレンチ「古墳はどこにでも」
s://syutaibu.exblog.jp/23990960/

第5トレンチ「10年目のぬくもり」前編s://syutaibu.exblog.jp/26423863/
(2018/05/05 02:57:01)

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [346] パクリ屋古墳商店 平家蟹 

また再開していますね。
ザッと見ただけですが古墳のお部屋のが1枚あった。
どう見ても殆どパクリ、航空写真なんて自家用機でも持たないと無理だしね。
今ならドローンなんてのもあるけどそうとも思えないしね。
しかしパクリで作って何が面白いんだろ。
(2015/11/15 14:21:44)

[346-1] 無題 あんけん

>平家蟹様
まだ無断引用してるだけならマシかもしれません。下記ページの殆どの写真はここにくる皆様ご覧になった事のあるサイトのものです。その下方のBACKで行った先の一番下にも見慣れた地図が・・・。最近は自身で撮った写真と差し替えてきているようですが以前はURLが同じつづりのため???でした。しかも純粋な古墳の紹介とは言い難いですし・・・。
ttp://kotora888.art-studio.cc/sakitamakohungun/HTML/page020.html
(2015/11/15 17:32:44)

[346-2] 訂正 あんけん

済みません、同じつづりとしましたが、
軍⇔群
kofun⇔kohun
と良く見たら違います。
(2015/11/15 17:36:22)

[346-3] 無題 昇寛@管理人

平家蟹様。
私もしばらく前から気がついていました。埼群古墳館の写真も3点ほどパクられていますね。

あんけん様。
ここも盗用が目立ちますね。他のサイトのページをそのまま掲載なんてのもありますし。
(2015/11/16 07:52:16)

[346-4] 無題 平家蟹

もうパクッってるという意識がないんですかね。
著作権なんてもう全く考えてないんでしょうか。
学校などで教えてないのかな。
野草の方ですがWIKIでの表現をそっくりそのままコピペしているサイトもよく見かけます。
(2015/11/16 21:23:16)

[346-5] 古墳のサイトではありませんが あんけん

別ジャンルで無断画像使用、改変が発覚して管理人さんを怒らせてる企業サイトがあるとの事で見てみると見覚えのある画像が幾つもあります。現場の写真はこちらのですし、企画展の画像も恐らく存じ上げてる方のブログのものです。営利目的ではないのですが、個人での使用とは全然別モノですのでお知らせしておきます。もし許諾済でしたら、お手数ですがこの書き込みを削除して頂ければと思います。

www7b.biglobe.ne.jp/toho-corporation/linknagare-sanbon.html
(2018/04/16 23:48:28)

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [206] 大日山古墳群 インターフェニックス 

 駒形古墳というのは、親王山延命寺にある塚の事だったのですか。これは発見です。というのは、以前にここを調査した時、「駒形古墳というのは位置が判らなくなっていて、数箇所の候補地がある」との事だったのです〔『茨城県遺跡地図』『いばらきデジタルまっぷ』等に未掲載だった理由です〕。

 さて、この大日山古墳群、実は現存3基のうち「確かにこれは古墳だ。これがそうだ」というものは1基もない。
 まず大日山古墳ですが、「よよよ」な伝説〔桔梗はここに住んでいたが、毎朝、日の出を拝んで将門の武運を祈っていたので「朝日御殿」という。だが将門敗死を聞いて直ぐ下の沼にて後追い入水〕には感動しますが、解説や案内板にあるように「古墳」と断定する素材は存在しません。昭和初期の、どどとっと一気に沢山の遺跡が指定された際にこの古墳も指定され、今更「塚でした」とは言えないのが実相ではあるまいか?。出土遺物はあくまで「周辺」からのもので、この古墳のものとは断定されてません。神社建て直しの際に調査できるかも。個人的には古墳であって欲しいのですが。このエリア特有の大日信仰による塚と指摘する声の方が大きいのが現状です。
 次に仏島山〔ぶつどうさん〕古墳。「まさかこんなところに古墳が?」という低地にあり、古墳じゃないと言われる要因の一つです。昨年の調査では、主体部の組み方の素人くささとともに、石材の下に潜り込んだ位置に踏跡。どう考えても後世の人間が組み直したもの。しかも、戦前や岡堰の工事の際に土の大半を持ち去られている事から墳丘は残っていない筈だったのに〔実際、完滅というニュアンスで言い切る地元郷土史家の書籍もある〕、昭和40年代頃に墳丘が復活しているところが何とも怪しい。古墳には違いないが、多分に「再現」されたものと言い得るでしょう。終戦直後の地元民による形ばかりの復元、というのが埋文センターの見解です。
 最後に駒形古墳。冒頭に書いたように、取手市埋文センターでは「位置不明」としているが、以前には報告書が作成されています。それによると、昭和初期ぐらいの意図的土盛りと判断しているようです。ところが、その「土盛り」の位置が不明だったので調査も出来ず、『茨城県遺跡地図』『いばらきデジタルまっぷ』ともに位置は未掲載、というより打つべきマークの位置が判らんので掲載できなかったのです。古墳でない可能性を多々残しているも、やはり掘ってみない事にはどちらとも言えませんね。

 あと『いばらきデジタルまっぷ』では、市之代古墳群の現存を1号、5号〜7号、13号〜15号の7基としていますが、『遺跡地図』とは随分と情報がズレてますね。藪の中に「古墳であってもおかしくない」ような凸凹がありすぎるし。

 今回の更新チェックでは、当方の情報も古かったので一応、取手市埋文センターに電話して確認したうえで書き込んでおります。
(2008/10/17 22:44:50)

[206-1] いばらきデジタルまっぷ! 昇寛@管理人

インターフェニックスさん、今週もチェックありがとうございます。
駒形古墳ですが藤代町史によると「所在地は、延命寺境内。墳形は円墳であるが、現在はその墳頂に駒形権現が祀ってある。」とのことで写真も掲載されています。写っている祠の形や樹木の形が現在延命寺にある塚と同じなので、駒形古墳と推定しました。もっとも町史が間違っていれば、この推定は成り立ちませんが。大日塚は塚らしいし、仏島山は指定解除されるしで、この辺りはいいことありませんね。
市之代古墳群は取手市史資料編の記述と測量図(分布図はずれているらしく現地と照合できない)、それから農業ふれあい公園駐車場にある案内図(1〜4、6〜9、16号のマークがある)から推定しました。10号以降は未探訪です。『いばらきデジタルまっぷ』にそうあるのなら、私の推定が間違っているのかもしれませんね。

『いばらきデジタルまっぷ』が稼動していたとは知りませんでした。これで関東では埼玉・群馬・茨城・千葉・東京の遺跡地図がインターネットで閲覧できるようになったわけですね。神奈川・栃木はまだかな?どれもそうなのですが、もっと軽快に閲覧しやすくできないものですかね。
(2008/10/18 08:18:06)

[206-2] お寺の方に伺ったら あんけん

駒形権現の祠は奥の方にあるこっちだと教わりましたが・・・?
どうなんでしょうね。
(2017/05/30 01:10:11)

[206-3] 無題 昇寛@管理人

こちらが駒形権現でしたか。だとするとこちらが町史でいう駒形古墳かもしれませんね。 (2017/06/04 06:03:08)

[206-4] 今日の講座で あんけん

今日ろっこう様と聴いた大日山古墳群や将門に関する講座で学芸員さんのお話になられたところによると、駒形古墳ですが実際見に行って古墳と推定するにはどっちも弱いので未確定にしてるようです。資料によると境内の南とあるので昇寛様の撮られた方があってそうですし、市之代5号墳上の将門土偶の墓ではありませんが、奥の方の高まりには将門大明神の祠が鎮座してて、周辺の伝説との繋がりもありそうですし・・・。

またあくまでも私見という事で、仏島山古墳は本来現在の標高ではなく、大日山より一段低い台地上で、周辺の台地ごと土取りにあったのではないかとの事でした。
(2018/04/14 20:05:59)

[206-5] 岡台地全体を土取り ろっこう

>あんけん様
本日は市之代古墳群の案内ありがとうございました。大変また大変有意義な時間を過ごせました。あそこで解散も雨を考慮するといいタイミングでしたね。
写真は大日山古墳へと行く道と仏島山古墳へ行く道の分かれ道あたりに立っていた岡台地とそのまわりの将門ゆかりの史跡を紹介している標柱ですが、大日山古墳古墳へ行く途中、背後に写っているお墓でお参りしていた地元の方に道を訊ねた場所です。学芸員さんのおっしゃる通り土取りを墳丘だけでなく岡台地で行ったのなら、かつては岡台地は全体がこの墓地の高さくらいまであったのかもしれません。堀のある古墳があったという伝承もそれなら納得です。
(2018/04/14 21:53:15)

[206-6] 仏島山 あんけん

>ろっこう様
昨日はお疲れ様でした。講座を聞いて再度仏島山古墳裏の野仏の解説板をよく読んだら、昭和8年までは周辺は丘の上だった旨ちゃんと書かれてました。もっともオフィシャルに入手できた最古の実測地形図がボールペンの書き込み入りでは正確な情報は出て来ないと思われます。石棺のなかの壷は知ってたものの発掘中のカラー画像は初めて見ました。(画像は休憩中に映しっぱなしだったそれで、埋まってる石棺も復元して組んだとも考えられず、この上に3枚の板材が重ねて積まれてて壷の下には床材が再現されてなかったそうです。4枚使えば蓋と底でぴったり合ったのではないかとも思いますが)

市之台11号墳ですが拡大して見てみたらヒビの入った板材のように見えるのですが・・・。先週行った時は晴天であんなのぜんぜん見えなかったので質問しようとも思いつきませんでした。
(2018/04/15 03:48:03)

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [413] 茨城県取手市・市之代3号墳 ろっこう 

4号墳を撮影した位置はおそらくこの標柱のあたりだと思うのですが、位置がわからなかったように書かれているのは何故でしょう。
昇寛さまが行った時にはまだなかった?遺跡地図と場所が違う?
車道からも見える位置にあります。
(2017/09/19 23:50:19)

[413-1] 私有地が多いから? あんけん

>ろっこう様
今やってる「取手の古墳」の配り物の分布図でも3号墳は4号墳側になってます(撮影禁止になってる会場掲示の分布図は修正済み)が、私有地はなかなか的確に表示しにくいそうです。昇寛様がどの図をご覧になったか判りませんが、5号墳が全然位置が違う場所を撮影されてるので、図がズレてたのではないかと思います。画像はもっと南西の別な道沿いにある5号墳です。
(2018/04/05 12:14:14)

[413-2] 無題 あんけん

で3号墳前方部を橋側から撮ろうとしたら、背後の竹やぶに3基並んでるのが道からも見えます。
16号墳
(2018/04/05 12:23:51)

[413-3] 無題 あんけん

2号墳
右の竹束は16号墳背後のもの。
2018/04/12 13:27:29

[413-4] 無題 あんけん

1号墳
企画展では円墳以外は2基とされ、1と3号が前方後円(方)墳とされてますが、4号墳は円墳扱いに変わってしまったのでしょうか。また実測図を見ると12号も円墳には見えません。2号墳の画像左奥より撮影。
2018/04/12 13:26:31

[413-5] 無題 あんけん

I氏の私有地にある11号墳です。農園からも見え、綺麗に管理されてます。竹やぶの北側には背の低い12号らしきマウンドも見えますが・・・。 (2018/04/05 12:30:22)

[413-6] そういう事情でしたか ろっこう

>あんけん様
以前昇寛さまと千葉県木更津市の町原古墳群に関し会話した時も双方の古墳配置の資料が異なっていたり、大稲稲荷塚が前方後円墳かどうかでも意見が分かれ、現に埼群〜の記述でもどちらか不明瞭のような表記ですね。
市之代古墳群のあの竹やぶは感では「古墳があるよなあ、ここ」とは思いましたが、資料無しには確たる発言はしにくい場所でした。
私有地だと公的機関でもやはり制約があるのですね。
(2018/04/06 04:45:58)

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [415] 遅レス御免 昇寛@管理人 

書き込みをしてくださった皆様、返信できず申し訳ありませんでした。未だ古墳行に重い腰が上がらない状況です。

これからは花のシーズンにあわせて古墳写真を楽しみたいと思っています。検索のお勧めに桜・花を追加してみました。情報がありましたらお寄せください。
(2017/10/12 10:18:46)

[415-1] 長文失礼 ろっこう

昇寛さまに古墳の紹介というのも面映ゆいですが、桜や花とコラボの別物ということで。

静岡県葵区・賤機山古墳・牧ヶ谷古墳(耕雲寺敷地内)・茶臼山古墳(愛宕霊園内)
賤機山古墳は静岡浅間神社の廿日会祭りで桜を愛でていて、外国人の観光客も多数いました。自転車で他の古墳に移動の時も葵区は街路樹が桜でハッピーでした。
他2ヶ所の古墳は拙ブログ「シュタイブ」カテゴリ・桜と古墳・【2012】静岡県葵区を参考にしてください。

千葉県香取市・城山古墳群まわり
桜つつじまつりの時期の城山公園はぼんぼり、カラオケで楽しめます。

埼玉県深谷市・鹿島古墳群
桜の時期を外しても1kmに渡る古墳公園一面に咲く菜の花を見るだけでもハッピーです。
拙ブログ「シュタイブ」カテゴリ・桜と古墳・【2013】埼玉県深谷市・鹿島古墳群も参考にしてください。

栃木県鹿沼市・判官塚古墳
桜・菜の花・水仙、名前を知りませんが古墳で見かける紫の小さい花などがいっぺんに咲いていて、春の古墳で私的に美しさNo.1の古墳です。
拙ブログ「シュタイブ」カテゴリ・桜と古墳・【2016】去年の栃木県鹿沼市・判官塚古墳も参考にしてください。

群馬県太田市・紫雲塚古墳
桜のみならず、花桃も同時に咲いていてピンクに染まっていた古墳。
拙ブログ「シュタイブ」カテゴリ・桜と古墳・【2017】4/5群馬県太田市の桜と古墳も参考にしてください。

う〜む、結果的に自分のブログの宣伝に終始したような・・・(汗)

PS.桐生市付近の古墳情報ありがとうございました。
連日雨の予報で効率悪そうですが、参考にさせていただきます。




(2017/10/14 20:33:06)

[415-2] 神奈川県横浜市青葉区・市ヶ尾横穴墓 ろっこう

住宅地の坂の上の方というイメージなので、自転車だと行きはつらいですが、このロケーションで疲れもとびます。自転車だと帰りは下りで天国ですし。 (2017/11/04 19:06:51)

[415-3] 神奈川県伊勢原市・ダイジン森 ろっこう

墳丘は本館でご紹介の通りのハゲ山ですが、通りからの入口のダイジン森はこんな感じです。
古墳巡りを始めたばっかりなのと、こんな小規模の森に(この写真に写っている範囲ですべて)名前が付いているのが意外で印象が強かったのかも知れません。
記録だと4/24となっているのでソメイヨシノではないと思います。
(2017/11/04 19:16:39)

[415-4] 桃源郷春まつり ろっこう

墳丘だけなら過去に撮影済でしたが、山梨県笛吹市が春に開催する「桃源郷春まつり」には以前から行きたくて、本日行ってまいりました。
笛吹市は全体が桃の花でピンク色で移動の最中も楽しかったです。
写真は八代ふるさと公園の盃塚古墳です。
(2018/04/03 19:01:38)

[415-5] 山梨県韮崎市・わに塚のさくら ろっこう

著名でギャラリーも大勢おいででした。埼群〜でご紹介の通り古墳かどうか微妙なので、韮崎市民俗資料館で学芸員さんに聞こうとしたら、今日新任の方で、結局わかりませんでした。
春は桜ばかりでなく、異動の季節でもあるんですね。
わに塚はスイセンも白と黄色の2種類が同時に咲いていて桜を盛り立てています。
(2018/04/04 22:10:15)

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [427] 世界の眼でみる古墳文化 ろっこう 

千葉県佐倉市の国立歴史民俗博物館で「世界の眼でみる古墳文化」という企画展示をやっているらしく、HPを見ると4/14(土)13:00〜15:00に講演会、その他の日にもギャラリートーク、安彦良和先生の絵の展示なんかもあるみたいです。

s://www.rekihaku.ac.jp/exhibitions/project/index.html
(2018/03/17 09:56:25)

[427-1] 注意 あんけん

常設展の先史・古代は残念ながら来年の今頃まではリニューアルのために中世からしか観る事が出来ません。それでも膨大な規模の展示なのですが、この企画展観に来る人は近代とか殆ど観ないでしょうし・・・。料金には入ってるので入場券購入の際に確認されますが、初めて歴博行く人には残念です。上野三碑のレプリカはゆっくり見られますが・・・。
勿論企画展場内は完全撮禁なので、他県の古墳資料と共に図録も買わされちゃいましたが、外国の墳墓とかの展示はいくら映像とパネルばかりにしろ、もうちょっと掘り下げてくれてたらなぁとは思いました。
(2018/03/23 21:42:29)

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [381] 壬生町遠見塚古墳の現地説明会 たなか 

こんにちは。
ご存知かもしれませんが、久しぶりの日曜日の現説があるそうなので、お知らせします。
20日、壬生の羽生田で、遠見塚古墳の現地説明会があります。午前10時と午後1時だそうです。ふれあいプールというところが駐車場で、結構歩きますね。
胴張り型の石室の立派なのが見つかったらしい。と知らせてくださった方がいまして。
では。
(2016/11/05 09:22:15)

[381-1] 日付を間違えました たなか

13日でした。
すみません。一週間間違えました。
あぶないあぶない・・・
(2016/11/05 10:48:54)

[381-2] ありがとうございます 昇寛@管理人

たなか様、情報ありがとうございます。
ネットではみつからないですね。地元向けかもですね。
是非都合をつけて行ってみたいと思います。
(2016/11/07 18:54:23)

[381-3] 無題 昇寛@管理人

壬生町のホームページに案内がアップされました。
行けるといいな。
(2016/11/08 12:16:39)

[381-4] 写真だけ あんけん

詳細は昇寛様がされると思うのでとりあえず主体部東から見たところです。本当は人を全員消したかったのですが。 (2016/11/14 11:53:37)

[381-5] 出ちゃった あんけん

これは午後の会で前室と、除けた封土から自分が見つけちゃった須恵器片で、展示されてた大きい破片と同じ模様が入ってました。 (2016/11/14 11:56:05)

[381-6] 行けず 昇寛@管理人

体調が思わしくなく(咳が止まらない)大事を取って休んでました。よろしかったらほかの写真もお願いします。 (2016/11/14 16:23:06)

[381-7] 報告ありがとうございました ろっこう

仕事で涙をのみました(泣)
(2016/11/15 00:28:01)

[381-8] 出土品 あんけん

発掘時出土品が少なく、地元小学生に体験発掘をさせたら耳環等が出て大変喜んだとのこと。それでまだあるんじゃと探して見つけたのが先の須恵器片でした。 (2016/11/15 18:58:26)

[381-9] 擬似前門 あんけん

説明会の途中まで発泡スチロール製の前門を二人がかりで支えて再現してくれてました。 (2016/11/15 19:03:07)

[381-10] 前門の石材 あんけん

こちらが本物の石材です。 (2016/11/15 19:04:44)

[381-11] 午後だけの解説でした あんけん

この横の縞々はひっかいたのではなく、砂利と土の積層です。河原石を一段積む毎に外側の土も固めていった工程の跡です。場所によっては裏込め石もあります。 (2016/11/15 19:08:50)

[381-12] 墳丘名はどうなる? あんけん

玄室から羨道までは9mあり、調査前の直径約20mの墳丘(ストリートビューで僅かに見えます)とはサイズが合わないので、今後南と西でトレンチを切ってサイズや墳形を調べるとのことですが、もっと大きくなることが想定されてます。

ただ午後の説明会の途中で地元の方から「遠見塚はもっと北にある、ここじゃない」、「そちらもマウンドの一部残ってるが公に認識されてない」、「そちらにはもっと大きい石材が使われてる」、「ただし字名は三番塚ではない」といった情報が寄せられましたが、お持ちになった遺物は古墳時代ではなかったことと、明治の地誌編輯材料取調書には字三番塚二アリとの記載がある事から、その場では半信半疑な空気でしたが、オフィシャルで説明会の案内ページが消されたので、もしかしたら元の三番塚古墳に戻る可能性もあるのかもしれません。
(2016/11/15 19:25:51)

[381-13] 無題 たなか

写真は誰かが撮ってアップしてくれるだろうと、最近はヘタな写真を撮るのをやめてしまいまして。詳しい話も、多分誰かが、とメモを取るのさえやめてしまったので。助かります。
すっかり老眼が進んでしまって。

私は午前に行ったのですが、石室の中に(石の上とか)人が入っていて、「良いのか?!」と。
酢液辺の出てきたのって、「上に乗って見ると良いですよ」って言ってたあの土の山ですよね。乗ってたのに。午後に行けばよかった。
(2016/11/17 09:04:26)

[381-14] 酢液辺じゃなくって たなか

須恵器片。
(2016/11/17 09:07:31)

[381-15] 無題 あんけん

>>たなか様
下野新聞の記事が出ましたね、写真は午後の会で、自分も写ってますが。須恵器片は玄室横の山の下の方と、前室床の真ん中辺りにありました。なので午前中から見えてたハズと思います。遺構はまた埋め戻してしまうので、もう一般の方が見られないそうです。恐らくどけてる石材も中に適当に入れて埋めるから自由に入って・触ってという感じでしたがさすがに誰も横にはなってくれませんでしたね。

午後の会は午前に出た質問等も反映されましたし、今回は地元の方の衝撃発言があり、将来有望な子供達もいました。逆に午前の会は埋文センターの関係者や同日あった古墳セミナーの方々等詳しい方がマニア以外にも来てたそうです。
2016/11/17 20:33:31

[381-16] 無題 のろころ

同じく行けなかった者です。
壬生町って現地説明会の復元の模型作ったり、見学者にイメージつきやすい取り組みをしているような気がします。

私も個人の写真掲載や説明会情報ないかなと検索していたところ、
以下の県文化財課のFacebookに空撮画像・復元想定図・測量図が掲載されています。

”体感!!とちぎの文化財〜見て 聞いて 触れて 香って おまけに食べて・・・あなたの「いいね!」はなんですか?〜”
(2016/11/17 21:48:56)

[381-17] 対見学者へのとりくみ あんけん

>>のろころ様
羽生田の古墳のポストの地図もコレに来てた人がいたのか長塚古墳以外は全て無くなってました。著名な墳丘だけですし、地図も周遊ガイドみたいなイラスト地図ですが、ちゃんとしたフルカラー印刷ですし、ポストの中で汚れたり濡れたりしないよう厚手のビニール袋でくるんであって好感が持てました。

また車塚古墳の石室入り口の堆積物も排除して埋文センターの模型と同じ状態で自由に見学できるのも大変有難かったです。
(2016/11/17 23:34:12)

[381-18] 三番塚古墳になったようですね。 たなか

19日に、しもつけ風土記の丘史料館で壬生の君島さんの講座がありまして、遠見塚は別の塚でこの古墳は三番塚だと説明がありました。 (2017/11/21 15:14:57)

[381-19] やっぱり あんけん

>>たなか様
おぉ、そうでしたか!御報告有難うございます!遠見塚は古墳であるかどうかはまだ判りませんが、一応残骸みたいなものは残ってますからねぇ。すっきりしました。
(2017/11/21 21:53:33)

[381-20] 規模の調査 あんけん

直径45mの円墳だったようですね。
www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20180313/2992165
あれしか残ってなかったのによく2段築成と判明したと思います。
(2018/03/23 06:16:46)

  この記事は このアドレス で表示できます。




 
Cool Shot! Ver. 4.1