現在 10件/1ページ 
150052

   i-mode  検索      

↑投稿は上のボタンから。リンクを含む投稿は拒否されますのでご注意を!(httpを省略すればOK)


クイックアクセス

[440] 2018.11.13埼玉県行田 ... (2)  [439] 栃木県宇都宮市・愛宕 ... (2)  [433] 群馬HANI-1グランプリ (3)  [384] 11/19の現説 (8)  [438] 群馬県富岡市・妙部塚 ... (4)  [437] 富岡市605・綜覧:高 ... (1)  [396] 漆山古墳 (7)  [436] 安中市314・天皇塚古 ... (1)  [435] 安中市555・綜覧:九 ... (1)  [434] 神奈川県埋蔵文化財セ ... (1)  



  [440] 2018.11.13埼玉県行田市長野地区 ろっこう 

今拙ブログのコミックが残り6pで挫折中で言うセリフでもないですが、新作の取材にさきたま古墳群に行ったついでにとりこぼした周りの古墳も見てきました。
長野地区の神明山古墳は西側に太陽パネルが出来てこちらの写真とだいぶイメージが変わりましたが、サイクリングコースにいくつも説明板があります。
(2018/11/13 22:56:44)

[440-1] 別の説明板 ろっこう

白山愛宕山古墳、神明山古墳以外にも地図には記載がありますね。
現存しているものもあるのでしょうか。
(2018/11/13 23:08:30)

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [439] 栃木県宇都宮市・愛宕塚古墳(砥上神社古墳) ろっこう 

こちらで「下砥上愛宕塚古墳」と紹介されている古墳に平成28年の説明板がありました。
こちらで拝見する石室は開放されていますが、現在は鉄格子の扉と邪魔板があります。
無断でどける勇気がなくて今回見れたのは天井石の入口部分だけでした。
(2018/10/18 05:30:22)

[439-1] 2018.10.18栃木県上三川町琴平塚古墳 ろっこう

こちらでご紹介の通り史跡公園となって1号墳が保存されています。
現場の説明板だと古墳群も東山道も新4号国道と平行だったようです。
(2018/10/18 22:54:07)

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [433] 群馬HANI-1グランプリ ろっこう 

群馬HANI-1グランプリ!!「群馬県古墳総覧」、「ぐんま古墳探訪」発行に続き本当に今年の群馬は古墳に力を入れている!!
早速私も「エントリーNo.57・ぐんまちゃん埴輪」に投票しました!
興味のある方、ぜひ投票してくださ〜い!!

s://haniwan.com/
(2018/07/20 19:01:48)

[433-1] スマホアプリ「ぐんま古墳探訪」より ろっこう

スマホアプリ「ぐんま古墳探訪」からの情報です。

群馬古墳フェスタ2018
://www.pref.gunma.jp/03/c42g_00021.html

第9回かみつけの里古墳祭り
://www.city.takasaki.gunma.jp/docs/2014010800046/

古墳フェスタには行くつもりで準備していましたが、続く17日から一泊二日で宇都宮の古墳巡りも予定しており、高崎はちょっと無理だなあ…
(2018/10/11 22:16:35)

[433-2] 群馬古墳フェスタ ろっこう

行ってきました。
HANI-1グランプリ、古墳関連イベントも一部に過ぎず、数多くのイベントを藤岡歴史館他数か所で行っているという大規模なフェスでした。
写真は皇子塚古墳から藤岡歴史館を撮影。
午前中で店じまいのようでしたが、気球は大人¥1,500中学生まで\800で搭乗可能で行列が出来ていました。
(2018/10/14 21:17:33)

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [384] 11/19の現説 チラミン侍 

前の書き込みが長いのでとりあえず新規で書かせてもらいます。中止にもかかわらず行ってしまいました・・・。十時過ぎについたら近くに誰もいなかったので電話したら中止とのこと。でも栃木から来たとゆうことで特別に一号墳の石室を見せていただきました。神奈川県の人は対応がやさしくてよかったです。 2016/11/21 12:28:06

[384-1] 無題 昇寛@管理人

チラミン侍様、お返事が遅れ申訳ありません。
石室が残っていたのですか。無理してでも行けばよかった。
(2016/12/31 11:21:42)

[384-2] 上糟屋・子易遺跡現説 あんけん

当日の様子がちょこっと紹介されてます。自分もしっかり写ってしまってます・・・。2号墳の主体部は見えませんね。
www.kaf.or.jp/wordpress/wp-content/uploads/2017/01/koyasu1.pdf
今週の土曜日、第2回目が開かれます。今度は中世の遺構がメインとのことで、前回のちょっと東側の紹介になるので、古墳は同様に見られるかは不明ですが、発掘作業も見学できるようです。
www.kaf.or.jp/wordpress/wp-content/uploads/2017/01/koyasu.pdf
(2017/01/18 18:53:02)

[384-3] 無題 あんけん

昨日横浜歴史博物館で発掘調査成果発表会があり、それによると1号墳は円墳でしたが、次に述べる4号墳辺りで周溝が内側に曲がってて奇麗な円形を成していません。
1号墳の周溝北東側に隣接するようにして、2号墳とほぼ同じ南西向きの石室と段差を設けた羨道が出て、4号墳とされてます。直径約9mの周溝も出ましたが南側は1号墳に破壊されてます。鉄鏃5点出土。
4号墳の北北西2m弱で小型の石室のみが発見され小石室1号とされてます。これだけほぼ真南を向いてて規模は約1m×約1.5mで遺物は無し。
4号墳の北東、工区のギリギリの場所でも石室が出て3号墳とされてます。よって横の無名墳は3号にはなりませんでした。もっとも遺跡が広すぎて工区毎に番号を振ってるので、工区外は一緒の古墳群にはされなさそうです。この石室も残ってたのは下部だけで、しかも工区外にかかってるため奥壁まで発掘されておらず、周溝も確認出来てません。向きは角度は異なるものの1号墳と同様南東を向いており、真上から見ると交互に向きを変えた古墳が4基並んでる感じです。遺物が多く、鉄鏃20以上、鉄釘2、刀子1、土師器杯2、須恵器瓶1が出土してます。
さらにこれらの南東に離れた工事事務所の東の別工区でも石室が出て1号墳とされてます。石材は中世の建物の礎石等の転用が見られ掘削も激しく周溝も確認出来てませんが、人骨と金属製品が出てるようです。図録による発表ながら配置図等がこちらは掲載されてないので向きは不明です。また撮影素材も公開禁止でした。
(2018/07/08 17:17:45)

[384-4] 子易・中川原遺跡 あんけん

明日の現説もまず撮影した写真の公開は禁止だと思うのですが、行くのを迷われてる方に現在公開されてる情報です。
まず見つかってる墳丘は上部を失った一辺約15mの方墳
玄室部分は明日公開ですが墓前域は南側調査区域外
二重に巡る墳丘内列石が見つかってる
方形に巡る外護列石は隅切されてる
終末期古墳(7世紀代?)の可能性
(2018/10/05 23:20:12)

[384-5] 無題 あんけん

遺物については夏の時点ではありませんでしたが、続報も特に無く、主体部が盗掘されてなければ横手菩提遺跡の様な事もあるかもしれません。

上空から見るとまるで上円下方墳ですが、地表から見るとこの様な感じです。
(2018/10/05 23:26:02)

[384-6] ご一緒してました。 ろっこう

本日はお付き合いありがとうございました。 (2018/10/06 21:08:29)

[384-7] 無題 あんけん

何故か昨日は画像の取り扱いについて何も言われませんでした。
画像は1号墳石室で羨道直上から見下ろす形になってます。地主様のご協力を得てか、玄室の残りの3割も発掘・展示されました。天井石を外すと奥壁は上下でずれて、側壁は内側に落ち込み、歯数本以外副葬品などの出土はありませんでした。新たに見つかった2号墳からは、周溝より須恵器が1点出土しました。

>>ろっこう様
昨日はあのやや無謀な行程にお付き合いくださいましてありがとうございました。未確認墳丘や無名古墳は記録にも困ったモノですが、主役の子易・中川原1・2号墳もちょっと「次回にチャレンジ」的な不確定要素が多くて遺構の割には消化不良な後で一人で行き難い未踏の墳丘クリアは疲れただけの甲斐はあったと思います。
自分は解散後島残古墳群等周って渋滞に会い帰ったのが20時過ぎでした。
(2018/10/07 11:53:24)

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [438] 群馬県富岡市・妙部塚古墳 ろっこう 

>管理人さま
この古墳のソースを希望いたします。
群馬県古墳総覧にこの古墳は未掲載です。
しかしこの古墳は添付した写真のとおり学芸員さんがトレンチを掘り調査中です(トレンチは現時点では公開できず)。
ここでの公開が不穏当なら後ほどメアドをこちらのメールに送信いたします。
公開できない場合はあきらめます。
(2018/09/30 04:12:33)

[438-1] 無題 昇寛@管理人

記憶が定かではありませんが、「横瀬古墳群」という1990年刊行の発掘調査報告書に妙部塚古墳に関する記述があったと思います。
発掘されたわけではなく横瀬古墳群周辺の遺跡に関する記述だったような気がします。

群馬県立図書館に所蔵されていると思います。
ちなみにマッピングぐんまにも掲載されています。
(2018/09/30 07:25:42)

[438-2] 無題 昇寛@管理人

マッピングぐんまでは妙武塚ですね。
訂正しておきます。
(2018/09/30 07:30:44)

[438-3] 素早い対応ありがとうございます。 ろっこう

マッピングぐんまにて確認いたしました。感謝いたします。
群馬県古墳総覧を入手して以降、これをスタンダードに位置づけ情報提供しようと拙ブログでは記事を書いておりましたが、間違いが多いですね。
特に富岡市に関しては一ノ宮4号墳(合同庁舎保存の前方後方墳)、堂山稲荷古墳(50mの前方後方墳、グーグルマップでも表記)、太子堂塚古墳(60mの前方後方墳、やはりグーグルマップに記載)いずれも「×」表示等かなり幻滅しました。
28年前の刊行物にすでに記載されているならこの古墳も見落としでしょうか。
2018/10/02 05:42:59

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [437] 富岡市605・綜覧:高瀬村25号古墳 ろっこう 

埼群古墳館さんで「桐渕u37」と紹介されている古墳。
東側の住宅と接触しているように見え、南側も宅地分譲の準備をしています。
感じからは削平の対象にはなっていないようですが、北側にももう住宅ができており、南側に家が立つと見えなくなる立地に思えます。
(2018/09/25 21:39:34)

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [396] 漆山古墳 昇寛@管理人 

高崎市漆山古墳が市指定史跡になりました。
それを記念して3月5日に石室が一般公開されるそうです。

現在通常は非公開だそうです。
(2017/02/21 13:04:38)

[396-1] 無題 平家蟹

今まで史跡指定されていなかったことに驚き。
普段非公開ということは柵越しでも石室を見学出来なかったんでしょうか。
どちらにしろ内部を見学していてよかった。
昇寛さんがいなければ再訪はまずなかっただろうしね。
(2017/02/22 08:24:17)

[396-2] 無題 ゆら

上毛新聞のサイトを見ました。
市指定史跡らしく整備された写真が掲載されてましたね。
公開当日の5日は上野三碑一般公開や多胡碑記念館が無料になったりと、色々楽しめそうですね。
(2017/02/23 20:30:30)

[396-3] 無題 昇寛@管理人

平家蟹様。
これは是非押さえておきたい石室ですよね。十数年前に訪れたときは、所有者にお願いして見学させていただきました。

ゆら様。
三碑も公開ですか。これは俄然行きたくなりました。
(2017/02/26 16:45:11)

[396-4] 今年度現地説明会 あんけん

昨年の調査で見つかった盗掘壙を掘り下げると共に墳頂部の調査がされました。
盗掘壙は西側から斜めに掘られ、石室の2m上までしか到達出来てませんでした。
(2018/09/05 18:31:14)

[396-5] 無題 あんけん

こちらは石室北側のトレンチで、右側に盗掘壙があり、そちらへ落ち込むように見つかった石積み遺構と形象埴輪片です。画像下方には旧表土面に石列も見つかり、合わせて築造時のものと推定されてます。 (2018/09/05 18:38:15)

[396-6] 下佐野1012古墳 あんけん

ついでに立ち寄った下佐野1012古墳、手前に家が建ちまさかと思ったら、やっぱりこちらも壊されて、住宅の基礎ができたところでした・・・。 2018/09/05 18:42:25

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [436] 安中市314・天皇塚古墳(九十九村1号古墳) ろっこう 

封土が流れたのか、絹笠大明神の石碑の土台がこちらの写真より50cmくらい下がって見え、こちらでは紹介されてない石室の露出がありました。
徐々に見た目が変化しているかもしれません。
(2018/08/23 09:59:12)

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [435] 安中市555・綜覧:九十九村3号(白山塚) ろっこう 

こちらにアップされている映像とあまりに違うのでアップします。
とくにちょうちんは衝撃的でした。
こちらの映像は2004年ですか。
(2018/08/21 22:50:53)

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [434] 神奈川県埋蔵文化財センター講演会等 ろっこう 

平成30年 厚木市遺跡講演会
「祈りの考古学」
発掘調査の成果をもとに、各時代の研究者が「祈り」に迫ります。
日程 平成30年8月26日(日曜日)13時30分から(開場は13時)

会場厚木南公民館 集会室

講演内容
縄文時代「縄文時代の信仰ー死者との関係ー」講師:阿部友寿(公財)かながわ考古学財団
弥生時代「弥生時代の再葬墓について」講師:植木雅博越谷市役所
古墳時代「神奈川の埴輪について」講師:稲村繁 横須賀市人文・自然博物館
奈良・平安時代「村落内寺院・山寺と瓦塔」講師:冨永樹之 神奈川県教育委員会


平成30年度 第4回考古学講座

日時:9月29日(土曜日) 14時から16時(受付は13時30分から)
演題:「考古資料・神話・伝説から古墳被葬者像を考える」
講師:川崎市教育委員会 新井 悟 氏
会場:かながわ県民センター 2階ホール
定員:250名(応募者多数の場合は抽選)
参加費:無料

://www.pref.kanagawa.jp/docs/ar3/evt/e7902678.html
(2018/07/31 07:20:48)

  この記事は このアドレス で表示できます。




 
Cool Shot! Ver. 4.1