現在 10件/1ページ 
136237

   i-mode  検索      

↑投稿は上のボタンから。リンクを含む投稿は拒否されますのでご注意を!(httpを省略すればOK)


クイックアクセス

[392] 和洋女子大学発掘調査 (9)  [408] 神奈川県小田原市・南 ... (5)  [400] ブログ始めました (8)  [407] 群馬県古墳総覧が刊行 (2)  [406] 牛久市 (4)  [206] 大日山古墳群 (4)  [403] 大変、参考になります (4)  [405] 神奈川県中井町・松葉 ... (2)  [404] 坂戸市土屋神社古墳石 ... (2)  [379] 印西市 (5)  



  [392] 和洋女子大学発掘調査  

現在、和洋女子大学敷地内で発掘調査が行われています。ブルーシートで覆われていますが、土器や住居跡が見つかったそうです。是非行ってみて下さい。 (2017/01/28 20:45:52)

[392-1] 無題 あんけん

>>宮様
地元なので先日の現地説明会も行きましたが、国府台古墳群の中にあって、大学敷地内では古墳は見つかってないそうです。近くの法皇塚古墳のwikiもどなたかが大変詳しく書き直してくれたのでとっても参考になります。
(2017/01/30 19:55:44)

[392-2] 法皇塚古墳

たしかにウィキペディアは見やすいですね。大学構内にあったので外から見学しました。 (2017/02/28 23:10:56)

[392-3] 無題 あんけん

来る6月3日、また別の地点で国府台遺跡の現地説明会があります。今回は古代の道路や弥生時代の住居がメインなのですが、希望者先着(午前・午後各50名づつ)で「文化財めぐり―古代のなごりをとどめる地形と古墳―」というアフターイベントがあります。1キロほど歩くとのことで、明戸古墳と、私有地内で入りににくい(?)法皇塚古墳を周るのではないかと思います。(弘法寺古墳は近くて危なく、栗山古墳群は遠いので)今回は自転車もNGとの事で、遠方からだと坂下か里見公園周辺の駐車場のご利用をお薦めします。

www.pref.chiba.lg.jp/kyouiku/bunkazai/press/2017/20170523kounodai.html
(2017/05/26 19:24:56)

[392-4] ゴメンなさい あんけん

全然予想は外れて、古墳好きーな人向けのイベントではありませんでした。
周るのは弘法寺古墳と、その西の円墳群跡の側にある古代道跡の切り通しだけで、前者は通常の立ち入り禁止エリアの外から観るだけで、後者も、円墳跡は建て替えに伴う発掘で検出された後、地表には何も痕跡を残して無い(とはいえ、私有地内なので跡地自体通常見学できませんが)との事で、参加受付は早々に終了したため自分は参加できませんでしたが、あまり残念でもなかったのがホントのところでした・・・。
(2017/06/03 16:29:41)

[392-5] 無題 昇寛@管理人

それは残念でしたね。
6月10日に秦野市で古墳の現説があります。
仕事が忙しいので行けるかどうか微妙なところです。
(2017/06/04 06:12:54)

[392-6] 旧3号遺構はどれ? あんけん

>>昇寛様
菩提横手遺跡の現地説明会は予想を大幅に超える来場者だったようでしたね。撮影素材はアップ禁止ということで、配布資料の全体図に自分で書き込みしたので来れなかった人にも雰囲気が伝われば・・・。と思ったのですが、「ここにも一基」の奥の工事囲いの外、ビニルハウスの横に1号遺構が残ってるそうで、書き込んだ1・2号遺構は、そのまんま2・3号になる可能性があります。説明会では1号墳が旧3号遺構と仰る方も、2号墳こそがそうだと仰る方もいらしたのでとりあえず文字は気にしないで下さい
2017/06/11 14:05:28

[392-7] 無題 昇寛@管理人

お写真ありがとうございます。
行きたかったのですが都合がつきませんでした。
石室が残っているのなら無理してでも行けばよかった。
(2017/06/21 22:16:39)

[392-8] 遺物もありました あんけん

>>昇寛様
そもそも情報の独り歩きを懸念しての画像禁止だったので(でも某議員さんはブログにアップしちゃってますが・・・)、細かく書きませんでしたが、3基それぞれから直刀等が出て、しかも現地説明会前日に急ぎで回収されたため、刀の錆がそのまんま発見場所を表してくれてたり、2号墳では鉄鏃がまだ残ってたりしました。1号墳は天井石も残ってて、内一個はパネル展示の足元に移動されて触る事ができました。
画像の草が生えたままの古墳の可能性のある3基も、側道次第で同じ運命を辿りそうで、最悪工事現場外に1基だけ外れた1号遺構だけが残るのかもしれません。
(2017/06/22 23:34:18)

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [408] 神奈川県小田原市・南足柄市 ろっこう 

下曽我駅前の千代大藪古墳の案内の紹介ありがとうございました。「神奈川の古墳散歩」だけ見ていては気付きませんでした。あれが古墳ならみかん畑すべてが墳丘!? (2017/06/04 00:13:58)

[408-1] 無題 昇寛@管理人

千代大藪古墳についてはまだ文献をあたっていないのですが、古墳とする出典はどこなのでしょうね。これだけ大きな古墳を神奈川の古墳散歩が外すとは思えないし。 (2017/06/04 06:16:53)

[408-2] 無題 あんけん

航空写真だとくびれ部も判る南南東向きの70m×40mの前方後円(方?)墳に見えますが、5m下が弥生時代の層で、その上の部分は版築は確認されてます。多分これがその報告書なのですが、「千代東町遺跡第2地点: 千代大藪古墳:小田原市教育委員会, 2003」遺物も周溝も主体部も未確認で周りに同時期の古墳も無いとされてきましたが、今小田原城周辺のあっちこっちでやってる発掘で、櫓台跡付近から壺型埴輪の出土があった事も在り、前期古墳がこの地域にもあったとする見方が強まってるそうです。古墳とは何の関係も無い某イベントでこの古墳名が出たくらいなので。 (2017/06/04 13:06:44)

[408-3] 寄れたら ろっこう

次回は南足柄市の続きを予定しておりますので、寄れたら小田原の郷土文化館なり、図書館なりで千代の遺跡の報告書を見てきます。 (2017/06/05 14:49:52)

[408-4] 山北町・南足柄・小田原 ろっこう

リベンジ行ってきましたが、小田原城併設の郷土文化館、図書館でもあんけんさまと同じ資料しか見つかりませんでした。どちらの学芸員さんもあまりこの古墳に関心もなさそうなのが残念。
写真は山北町の南原古墳群の説明版ですが、地元の方の話では「道に沿って一列の古墳群だったが、宅地で分断され見学しにくくなってしまったそうです。宅地内に1〜2基見えましたが、盗撮状態になってしまうため、早々に切り上げてしまいました。
(2017/06/22 23:30:15)

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [400] ブログ始めました ろっこう 

「埼群古墳館」のようなすごい情報にはとても及ばないので、入門者、初心者に特化した古墳紹介ブログ「シュタイブ!」作ってみました。
://syutaibu.exblog.jp/
慣れないことと諸事情あってコミック第2トレンチからのスタートです。未熟者ですのでご指導よろしくお願い申し上げます。
手描きマップも順次アップしていきます。
(2017/03/10 21:14:31)

[400-1] 楽しい 昇寛@管理人

漫画お上手なんですね。ろっこう様にこのような特技があったとは。いや、このこなれようだとプロかプロ経験者?
次回も楽しみにしています。

早速ですがリンクに加えさせていただきました。
(2017/03/12 16:21:42)

[400-2] ありがとうございます ろっこう

>昇寛さま
リンクありがとうございます。こちらも操作に慣れたら「埼群古墳館」のリンクを貼らせていただきますのでよろしくお願いします。

漫画は20代、30代に雑誌投稿していましたが、万年予選落ちで「才能無いや。やめやめ!」と諦めましたが、先日職場に持って行ったら大絶賛で「古墳サイトのコンテンツに丁度いいかも」と20年ぶりにペンを握ってみました。第1トレンチも原稿は完成していますが、「この公共施設の許可ももらった方が無難かな?」と留保中です。
第3トレンチのペン入れ始めましたのでゆるゆるとお待ちください。
(2017/03/12 17:00:45)

[400-3] ああ、PC音痴・・・ ろっこう

RSSフィードに明るくないせいか、リンクがうまく行きません。
このURL以外だと入力を拒否してくるし、情報の送り手側の大変さが身にしみます・・・
(2017/03/13 03:15:20)

[400-4] 第1トレンチアップしました ろっこう

第1トレンチ「古墳はどこにでも」アップいたしました。やはり第2トレンチ(話)からでは締まらないのでこれでやっと形になりました。 (2017/03/19 22:38:06)

[400-5] 無題 昇寛@管理人

これで話が繋がりました。
古墳おじさんは、やっぱりろっこうさんですね。
(2017/03/21 15:01:18)

[400-6] 見た目が違います ろっこう

>昇寛さま
> 古墳おじさんは、やっぱりろっこうさんですね。
私はハゲですけどね(汗)
(2017/03/21 16:26:29)

[400-7] 第3トレンチ・アップ ろっこう

ようやく解禁日となりましたので「コミック・シュタイブ・第3トレンチ・首都圏の駅前古墳」をアップしました。
向こうで感想のコメなどいただけると幸いです。
(2017/06/21 05:54:33)

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [407] 群馬県古墳総覧が刊行 ゆら 

平成の上毛古墳綜覧である「群馬県古墳総覧」が刊行されました。
まずは図書館や学校、県庁県民センターなどに配布ということなので近所の図書館をのぞいてみようと思います。

参考記事
ttp://www.pref.gunma.jp/houdou/x46g_00003.html
(2017/06/03 12:23:19)

[407-1] 無題 昇寛@管理人

私も気になって教育委員会に電話してみたのですが、HPにあるとおり一般販売は検討中とのことでした。なんとか入手したいものです。 (2017/06/04 06:09:54)

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [406] 牛久市 あんけん 

昇寛様が藪で断念したという道山古墳群ですが、その後地権者や地元の方の尽力により、ゴミ捨て林から市民の憩いの広場に生まれ変わり、藪で見えなかった(?)前方後円墳1基と円墳7基が見学できます。
画像は一番奥にある南西向きの前方後円墳です。
(2017/05/30 01:23:48)

[406-1] 無題 あんけん

道山古墳群でも道草が長くなってしまいましたが、水神塚古墳でもいろいろお話を伺うことができまして、個別ページ一枚目の手前の祠は地主様個人のもので、2枚目右手のこれが水神様だそうです。市内最古の祠の一つのため、一度移動したら墳丘や一緒に保管されようとしていた別の祠の2ヶ所があいついで火事になって、元位置に戻されたそうです。 (2017/05/30 01:36:25)

[406-2] 無題 あんけん

水神塚古墳でお話してた際、明神塚古墳の上の社は出征稲荷と呼ばれその下からは出征の際の杯がいっぱい埋まってるだけで、太陽光発電所建設の際壊す話もあったそうですが、かろうじてこんな感じで残されてます。個別ページでも報告されてる発見された周溝は現マウンドの下に続いてるそうで、そもそも後円部自体が元の墳丘ではないと考えられてるようですが・・・。 (2017/05/30 01:46:42)

[406-3] 無題 昇寛@管理人

道山古墳群が整備されましたか。市史では確か円墳ばかりでしたが前方後円墳もあるのですね。これは行ってみたいですね。 (2017/06/04 06:06:10)

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [206] 大日山古墳群 インターフェニックス 

 駒形古墳というのは、親王山延命寺にある塚の事だったのですか。これは発見です。というのは、以前にここを調査した時、「駒形古墳というのは位置が判らなくなっていて、数箇所の候補地がある」との事だったのです〔『茨城県遺跡地図』『いばらきデジタルまっぷ』等に未掲載だった理由です〕。

 さて、この大日山古墳群、実は現存3基のうち「確かにこれは古墳だ。これがそうだ」というものは1基もない。
 まず大日山古墳ですが、「よよよ」な伝説〔桔梗はここに住んでいたが、毎朝、日の出を拝んで将門の武運を祈っていたので「朝日御殿」という。だが将門敗死を聞いて直ぐ下の沼にて後追い入水〕には感動しますが、解説や案内板にあるように「古墳」と断定する素材は存在しません。昭和初期の、どどとっと一気に沢山の遺跡が指定された際にこの古墳も指定され、今更「塚でした」とは言えないのが実相ではあるまいか?。出土遺物はあくまで「周辺」からのもので、この古墳のものとは断定されてません。神社建て直しの際に調査できるかも。個人的には古墳であって欲しいのですが。このエリア特有の大日信仰による塚と指摘する声の方が大きいのが現状です。
 次に仏島山〔ぶつどうさん〕古墳。「まさかこんなところに古墳が?」という低地にあり、古墳じゃないと言われる要因の一つです。昨年の調査では、主体部の組み方の素人くささとともに、石材の下に潜り込んだ位置に踏跡。どう考えても後世の人間が組み直したもの。しかも、戦前や岡堰の工事の際に土の大半を持ち去られている事から墳丘は残っていない筈だったのに〔実際、完滅というニュアンスで言い切る地元郷土史家の書籍もある〕、昭和40年代頃に墳丘が復活しているところが何とも怪しい。古墳には違いないが、多分に「再現」されたものと言い得るでしょう。終戦直後の地元民による形ばかりの復元、というのが埋文センターの見解です。
 最後に駒形古墳。冒頭に書いたように、取手市埋文センターでは「位置不明」としているが、以前には報告書が作成されています。それによると、昭和初期ぐらいの意図的土盛りと判断しているようです。ところが、その「土盛り」の位置が不明だったので調査も出来ず、『茨城県遺跡地図』『いばらきデジタルまっぷ』ともに位置は未掲載、というより打つべきマークの位置が判らんので掲載できなかったのです。古墳でない可能性を多々残しているも、やはり掘ってみない事にはどちらとも言えませんね。

 あと『いばらきデジタルまっぷ』では、市之代古墳群の現存を1号、5号〜7号、13号〜15号の7基としていますが、『遺跡地図』とは随分と情報がズレてますね。藪の中に「古墳であってもおかしくない」ような凸凹がありすぎるし。

 今回の更新チェックでは、当方の情報も古かったので一応、取手市埋文センターに電話して確認したうえで書き込んでおります。
(2008/10/17 22:44:50)

[206-1] いばらきデジタルまっぷ! 昇寛@管理人

インターフェニックスさん、今週もチェックありがとうございます。
駒形古墳ですが藤代町史によると「所在地は、延命寺境内。墳形は円墳であるが、現在はその墳頂に駒形権現が祀ってある。」とのことで写真も掲載されています。写っている祠の形や樹木の形が現在延命寺にある塚と同じなので、駒形古墳と推定しました。もっとも町史が間違っていれば、この推定は成り立ちませんが。大日塚は塚らしいし、仏島山は指定解除されるしで、この辺りはいいことありませんね。
市之代古墳群は取手市史資料編の記述と測量図(分布図はずれているらしく現地と照合できない)、それから農業ふれあい公園駐車場にある案内図(1〜4、6〜9、16号のマークがある)から推定しました。10号以降は未探訪です。『いばらきデジタルまっぷ』にそうあるのなら、私の推定が間違っているのかもしれませんね。

『いばらきデジタルまっぷ』が稼動していたとは知りませんでした。これで関東では埼玉・群馬・茨城・千葉・東京の遺跡地図がインターネットで閲覧できるようになったわけですね。神奈川・栃木はまだかな?どれもそうなのですが、もっと軽快に閲覧しやすくできないものですかね。
(2008/10/18 08:18:06)

[206-2] お寺の方に伺ったら あんけん

駒形権現の祠は奥の方にあるこっちだと教わりましたが・・・?
どうなんでしょうね。
(2017/05/30 01:10:11)

[206-3] 無題 昇寛@管理人

こちらが駒形権現でしたか。だとするとこちらが町史でいう駒形古墳かもしれませんね。 (2017/06/04 06:03:08)

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [403] 大変、参考になります 櫻井 

 茨城県在住の者です。自分の畑のお隣の古墳も紹介されていて
凄いです。私も、貴ページを参考にしながら楽しい小古墳旅でもと考えています。
 今後も、更新お願いします。
(2017/04/19 08:01:48)

[403-1] 無題 昇寛@管理人

櫻井様。ご覧いただきありがとうございます。
ここのところ更新が滞っていますが古墳に行っていないわけではないのです。もう少し充電してからなんとか再開したいです。
(2017/04/22 23:02:50)

[403-2] 無題 たなか

家の近くの古墳を見つけるとうれしいですよね、ここに載っていない古墳に行けた時は、もうちょっと嬉しかったりする。それから、今年度の土浦市立博物館の館長講座のテーマは「東アジアからみた常陸の壁画墓」です。よろしかったら。 (2017/04/26 13:09:21)

[403-3] 無題 昇寛@管理人

たなか様、情報ありがとうございます。
21日は行けそうもないです。次回期待かな。
(2017/05/12 07:13:42)

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [405] 神奈川県中井町・松葉横穴墓群 ろっこう 

中井町はどこも雑色横穴墓群以外は荒れ放題で、標柱以外収穫無しかと思っていたが、この松葉横穴墓群は手前の家に住んでいるおじさんが、危険もかえりみず切り立った崖をよじ登り、1基案内してくれた。おじさんによるとあと2基あるが、これが最大だそうだ。 (2017/05/11 21:47:28)

[405-1] 無題 昇寛@管理人

お写真ありがとうございます。
中井町はまだ未訪でした。機会をみて行ってみたいです。
(2017/05/12 07:11:49)

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [404] 坂戸市土屋神社古墳石室内 ろっこう 

読売新聞のサイトの記事の検索に引っかからないので記事のスキャンです。
たまには一般公開して欲しいですねえ。
そうなったら行くのが大変だけど。
(2017/05/04 13:45:35)

[404-1] 無題 昇寛@管理人

氏子さんたちが正月の準備をしているのに出くわしたことがあり、神像の一般向けの御開帳があるのか尋ねたのですが無いみたいです。 2017/05/12 07:09:38

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [379] 印西市 あんけん 

もう夏が過ぎてしまいましたが、この春道作古墳群の整備が終わり、さらに従来の歴史民族資料館に加えて木下交流の杜歴史資料センターが開所してます。
画像上3っつは道作古墳群の整備状況で、1,4,5号墳を見学でき、駐車場も3枠新設されてます。周りが切り開かれたので6号墳も以前よりは観やすくなってます。
一番下は、そのセンター横に移設された松山2号墳の石室で、上宿古墳など同じく貝化石入りの切石が展示されてるのですが、何故か石は本物なのにアレンジされて配置され、旧状通りではありません。
(2016/10/11 02:25:27)

[379-1] 周辺案内図 ろっこう

去年寄った時の周辺案内図に書かれていた「巴塚」というのは古墳なのでしょうか? (2016/10/11 15:18:15)

[379-2] 無題 あんけん

>>ろっこう様
あれは木曽義仲の愛妾の墓と伝わってるそうですが、周囲のいくつもの木の根元の盛り上がってる所にも花が手向けられてたりして、ちょっと墓であるのかすらも???です。
(2016/10/11 23:34:51)

[379-3] 吉高立田台第2遺跡出土の石棺 あんけん

黒侭古墳群の近くにある印旛歴史民俗資料館に移築保存されてます。鉄道と国道の建設のため10年ほど前に発掘された墳丘の無い5基の内、長方形墳と思われる1基にあった2つの主体部の片方です。この辺の古墳では長期にわたって追葬が行われたものも多く、ここでも実際は6体の人骨が発見されてます(画像の人骨はもちろんレプリカで数も減らしてます)。 2017/04/16 11:41:07

[379-4] 無題 昇寛@管理人

見学会は明日だったでしょうか。
毎年行われていますがなかなか都合がつきません。
石棺の情報もありがとうございます。
(2017/04/22 22:59:34)

  この記事は このアドレス で表示できます。




 
Cool Shot! Ver. 4.1