現在 10件/1ページ 
145838

   i-mode  検索      

↑投稿は上のボタンから。リンクを含む投稿は拒否されますのでご注意を!(httpを省略すればOK)


クイックアクセス

[427] 世界の眼でみる古墳文 ... (2)  [381] 壬生町遠見塚古墳の現 ... (21)  [426] 蒲生君平の生誕250年 (1)  [425] 日本最南端の前方後円 ... (1)  [424] 京王観光 悠久旅空間 (1)  [384] 11/19の現説 (3)  [302] 高坂古墳群、三角縁神 ... (10)  [422] かながわ考古学財団講 ... (1)  [421] 東京都町田市・西谷戸 ... (2)  [420] 太田市の二ツ山古墳二 ... (2)  



  [427] 世界の眼でみる古墳文化 ろっこう 

千葉県佐倉市の国立歴史民俗博物館で「世界の眼でみる古墳文化」という企画展示をやっているらしく、HPを見ると4/14(土)13:00〜15:00に講演会、その他の日にもギャラリートーク、安彦良和先生の絵の展示なんかもあるみたいです。

s://www.rekihaku.ac.jp/exhibitions/project/index.html
(2018/03/17 09:56:25)

[427-1] 注意 あんけん

常設展の先史・古代は残念ながら来年の今頃まではリニューアルのために中世からしか観る事が出来ません。それでも膨大な規模の展示なのですが、この企画展観に来る人は近代とか殆ど観ないでしょうし・・・。料金には入ってるので入場券購入の際に確認されますが、初めて歴博行く人には残念です。上野三碑のレプリカはゆっくり見られますが・・・。
勿論企画展場内は完全撮禁なので、他県の古墳資料と共に図録も買わされちゃいましたが、外国の墳墓とかの展示はいくら映像とパネルばかりにしろ、もうちょっと掘り下げてくれてたらなぁとは思いました。
(2018/03/23 21:42:29)

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [381] 壬生町遠見塚古墳の現地説明会 たなか 

こんにちは。
ご存知かもしれませんが、久しぶりの日曜日の現説があるそうなので、お知らせします。
20日、壬生の羽生田で、遠見塚古墳の現地説明会があります。午前10時と午後1時だそうです。ふれあいプールというところが駐車場で、結構歩きますね。
胴張り型の石室の立派なのが見つかったらしい。と知らせてくださった方がいまして。
では。
(2016/11/05 09:22:15)

[381-1] 日付を間違えました たなか

13日でした。
すみません。一週間間違えました。
あぶないあぶない・・・
(2016/11/05 10:48:54)

[381-2] ありがとうございます 昇寛@管理人

たなか様、情報ありがとうございます。
ネットではみつからないですね。地元向けかもですね。
是非都合をつけて行ってみたいと思います。
(2016/11/07 18:54:23)

[381-3] 無題 昇寛@管理人

壬生町のホームページに案内がアップされました。
行けるといいな。
(2016/11/08 12:16:39)

[381-4] 写真だけ あんけん

詳細は昇寛様がされると思うのでとりあえず主体部東から見たところです。本当は人を全員消したかったのですが。 (2016/11/14 11:53:37)

[381-5] 出ちゃった あんけん

これは午後の会で前室と、除けた封土から自分が見つけちゃった須恵器片で、展示されてた大きい破片と同じ模様が入ってました。 (2016/11/14 11:56:05)

[381-6] 行けず 昇寛@管理人

体調が思わしくなく(咳が止まらない)大事を取って休んでました。よろしかったらほかの写真もお願いします。 (2016/11/14 16:23:06)

[381-7] 報告ありがとうございました ろっこう

仕事で涙をのみました(泣)
(2016/11/15 00:28:01)

[381-8] 出土品 あんけん

発掘時出土品が少なく、地元小学生に体験発掘をさせたら耳環等が出て大変喜んだとのこと。それでまだあるんじゃと探して見つけたのが先の須恵器片でした。 (2016/11/15 18:58:26)

[381-9] 擬似前門 あんけん

説明会の途中まで発泡スチロール製の前門を二人がかりで支えて再現してくれてました。 (2016/11/15 19:03:07)

[381-10] 前門の石材 あんけん

こちらが本物の石材です。 (2016/11/15 19:04:44)

[381-11] 午後だけの解説でした あんけん

この横の縞々はひっかいたのではなく、砂利と土の積層です。河原石を一段積む毎に外側の土も固めていった工程の跡です。場所によっては裏込め石もあります。 (2016/11/15 19:08:50)

[381-12] 墳丘名はどうなる? あんけん

玄室から羨道までは9mあり、調査前の直径約20mの墳丘(ストリートビューで僅かに見えます)とはサイズが合わないので、今後南と西でトレンチを切ってサイズや墳形を調べるとのことですが、もっと大きくなることが想定されてます。

ただ午後の説明会の途中で地元の方から「遠見塚はもっと北にある、ここじゃない」、「そちらもマウンドの一部残ってるが公に認識されてない」、「そちらにはもっと大きい石材が使われてる」、「ただし字名は三番塚ではない」といった情報が寄せられましたが、お持ちになった遺物は古墳時代ではなかったことと、明治の地誌編輯材料取調書には字三番塚二アリとの記載がある事から、その場では半信半疑な空気でしたが、オフィシャルで説明会の案内ページが消されたので、もしかしたら元の三番塚古墳に戻る可能性もあるのかもしれません。
(2016/11/15 19:25:51)

[381-13] 無題 たなか

写真は誰かが撮ってアップしてくれるだろうと、最近はヘタな写真を撮るのをやめてしまいまして。詳しい話も、多分誰かが、とメモを取るのさえやめてしまったので。助かります。
すっかり老眼が進んでしまって。

私は午前に行ったのですが、石室の中に(石の上とか)人が入っていて、「良いのか?!」と。
酢液辺の出てきたのって、「上に乗って見ると良いですよ」って言ってたあの土の山ですよね。乗ってたのに。午後に行けばよかった。
(2016/11/17 09:04:26)

[381-14] 酢液辺じゃなくって たなか

須恵器片。
(2016/11/17 09:07:31)

[381-15] 無題 あんけん

>>たなか様
下野新聞の記事が出ましたね、写真は午後の会で、自分も写ってますが。須恵器片は玄室横の山の下の方と、前室床の真ん中辺りにありました。なので午前中から見えてたハズと思います。遺構はまた埋め戻してしまうので、もう一般の方が見られないそうです。恐らくどけてる石材も中に適当に入れて埋めるから自由に入って・触ってという感じでしたがさすがに誰も横にはなってくれませんでしたね。

午後の会は午前に出た質問等も反映されましたし、今回は地元の方の衝撃発言があり、将来有望な子供達もいました。逆に午前の会は埋文センターの関係者や同日あった古墳セミナーの方々等詳しい方がマニア以外にも来てたそうです。
2016/11/17 20:33:31

[381-16] 無題 のろころ

同じく行けなかった者です。
壬生町って現地説明会の復元の模型作ったり、見学者にイメージつきやすい取り組みをしているような気がします。

私も個人の写真掲載や説明会情報ないかなと検索していたところ、
以下の県文化財課のFacebookに空撮画像・復元想定図・測量図が掲載されています。

”体感!!とちぎの文化財〜見て 聞いて 触れて 香って おまけに食べて・・・あなたの「いいね!」はなんですか?〜”
(2016/11/17 21:48:56)

[381-17] 対見学者へのとりくみ あんけん

>>のろころ様
羽生田の古墳のポストの地図もコレに来てた人がいたのか長塚古墳以外は全て無くなってました。著名な墳丘だけですし、地図も周遊ガイドみたいなイラスト地図ですが、ちゃんとしたフルカラー印刷ですし、ポストの中で汚れたり濡れたりしないよう厚手のビニール袋でくるんであって好感が持てました。

また車塚古墳の石室入り口の堆積物も排除して埋文センターの模型と同じ状態で自由に見学できるのも大変有難かったです。
(2016/11/17 23:34:12)

[381-18] 三番塚古墳になったようですね。 たなか

19日に、しもつけ風土記の丘史料館で壬生の君島さんの講座がありまして、遠見塚は別の塚でこの古墳は三番塚だと説明がありました。 (2017/11/21 15:14:57)

[381-19] やっぱり あんけん

>>たなか様
おぉ、そうでしたか!御報告有難うございます!遠見塚は古墳であるかどうかはまだ判りませんが、一応残骸みたいなものは残ってますからねぇ。すっきりしました。
(2017/11/21 21:53:33)

[381-20] 規模の調査 あんけん

直径45mの円墳だったようですね。
www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20180313/2992165
あれしか残ってなかったのによく2段築成と判明したと思います。
(2018/03/23 06:16:46)

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [426] 蒲生君平の生誕250年 たなか 

今年は「前方後円墳」の名付け親蒲生君平の生誕250年だそうで、栃木県では古墳イベントが目白押しなんだそうな。
://www.shimotsuke.co.jp/category/biz/tourist/news/20180215/2967238
摩利支天塚、琵琶塚古墳資料館やら、三王山の公園やらも出来て、さながら古墳まつりの様相。湯津上でもイベントがある模様です。行ったことないところに行きたいけど、今年もまたこの辺りをうろうろしそうな予感。
2018/03/14 10:44:06

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [425] 日本最南端の前方後円墳 ろっこう 

こちらの趣旨からは脱線しておりますが、現在九州縦断旅行中で、本日は鹿児島県の古墳も巡っておりました。
そのうちの1基・塚崎39号墳です。
(2018/03/13 20:51:39)

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [424] 京王観光 悠久旅空間 ろっこう 

同僚からチラシをいただきました。
通常無料または数百円程度の参加費のイベントに参加している身には\12,800は痛いですが、岩屋古墳の石室を特別公開し、白井久美子氏の案内というのはちょっと魅力。
何故か京王観光のHPではヒットしません。

私は4/4は「桜と古墳2018」の準備をしてしまい、無理です(泣)
2018/02/23 14:40:52

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [384] 11/19の現説 チラミン侍 

前の書き込みが長いのでとりあえず新規で書かせてもらいます。中止にもかかわらず行ってしまいました・・・。十時過ぎについたら近くに誰もいなかったので電話したら中止とのこと。でも栃木から来たとゆうことで特別に一号墳の石室を見せていただきました。神奈川県の人は対応がやさしくてよかったです。 2016/11/21 12:28:06

[384-1] 無題 昇寛@管理人

チラミン侍様、お返事が遅れ申訳ありません。
石室が残っていたのですか。無理してでも行けばよかった。
(2016/12/31 11:21:42)

[384-2] 上糟屋・子易遺跡現説 あんけん

当日の様子がちょこっと紹介されてます。自分もしっかり写ってしまってます・・・。2号墳の主体部は見えませんね。
www.kaf.or.jp/wordpress/wp-content/uploads/2017/01/koyasu1.pdf
今週の土曜日、第2回目が開かれます。今度は中世の遺構がメインとのことで、前回のちょっと東側の紹介になるので、古墳は同様に見られるかは不明ですが、発掘作業も見学できるようです。
www.kaf.or.jp/wordpress/wp-content/uploads/2017/01/koyasu.pdf
(2017/01/18 18:53:02)

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [302] 高坂古墳群、三角縁神獣鏡 oobuta 

今朝のnews記事で東松山市の高坂古墳群から三角縁神獣鏡出土の記事がでてますね。
全国の新聞社から記事になってますが、詳細は書いてませんでしたので埋文センターに確認しました。

今回の銅鏡は8号と9号墳の間から出土した。
現在も発掘調査中ですが説明会は行わない。
その代わり、12日(土)〜18日(金)まで東松山市埋蔵文化財センターで展示するそうです。
埋文センターは通常は平日のみの開館ですが、今回は土日も開館となります。
ここの展示室そんなに広くなかったので混みあうかもしれません。
(2011/11/02 11:15:20)

[302-1] 行きたいけど 昇寛@管理人

情報ありがとうございます。
8,9号墳というと神社の裏を発掘していたのですね。

12,13日ともに地元イベントに参加予定で行けそうもありません。
(2011/11/04 07:28:41)

[302-2] 高坂古墳群4号墳 あんけん

今日教えて頂いた情報なのですが、来る11日現地説明会があるそうです。
www.city.higashimatsuyama.lg.jp/ikkrwebBrowse/material/files/group/59/isekikengakukainoosirase.pdf

3号墳も削平されるそうなので、この機に行かれる方は見ておいた方が良さそうです。(でも自分は行けないんです・・・)
(2018/02/07 22:26:24)

[302-3] 失礼しました あんけん

4号墳跡ではなく道を挟んで東側の埋没古墳でした。また3号墳も解体途中で、石室まで既に掘り下げられてる状況だそうです。 (2018/02/08 19:02:29)

[302-4] 無題 昇寛@管理人

今日の午前中に行ってきました。
精緻な切り石積の石室がみられて満足です。
(2018/02/11 16:03:33)

[302-5] 午後行きました。 埼玉古墳軍

オマケのはずの3号墳は我々には大変なご褒美でしたね。
墳丘断面の、石室に接する部分に見える白いスジは石材を削りながら積んだ痕跡だというのが興味深かったです。
(2018/02/11 19:41:41)

[302-6] 無題 昇寛@管理人

埼玉古墳軍様、ご無沙汰しております。
その件ですが、隣にいた方がこの石の層は何なのかと言っていたので、石室の削りカスではないかと自説をいったところ、職員さんも同意見だったのでドヤ顔をしそうでした。
(2018/02/11 22:30:15)

[302-7] 蛇足ですが 埼玉古墳軍

凝灰岩石材は岩殿あたりから持ってきたらしいと言ってましたね。
館跡の崖下近くに二つある石橋、古墳の石材転用かもと思っていたのですが、どうやら材質的に違いそうですね。
(2018/02/12 01:16:59)

[302-8] 午前に行きました のろころ

別件で”現地説明会”自体の情報がほしくて行ってみたんですが、
凄い石室が見れた&測れたので満足です。

昇寛様かなぁ?と思いながら、白線のくだりを聞いてました。
(2018/02/12 13:38:42)

[302-9] 無題 昇寛@管理人

のろころ様。
隣の方に見覚えがあったのですがどうしてもおもいだせませんでした。
大変失礼しました。今度は声をかけますね。
(2018/02/14 18:41:19)

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [422] かながわ考古学財団講座 ろっこう 

「古墳の副葬品にみる神奈川の地域性」というタイトルの講座を拝聴してまいりました。
応募数が定員の1.4倍だったそうで運がよかった。

拙ブログで準備中の新作マンガの参考にもなりそうな内容でした。
(2018/01/21 20:00:18)

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [421] 東京都町田市・西谷戸横穴墓群 ろっこう 

本日行ったら9基すべて塞がれていました。 (2017/12/26 20:05:40)

[421-1] 2016年の看板 ろっこう

それのフォローなのか、新しい看板が設置されたようです。
それから■多摩川南岸古墳地図■をクリックすると下三輪横穴墓群に飛ぶようです。
(2017/12/26 20:11:19)

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [420] 太田市の二ツ山古墳二号墳付近で火事 ゆら 

12月23日の午後このことですが、太田市の二ツ山古墳二号墳付近で火事が起こりました。
火元は不明ですが、結果として古墳に積もった落ち葉と木の表面が燃えました。
画像の黒色の部分は陰ではなく燃えた跡で、燃えた範囲もその黒色の部分でだけで、他は無事でした。
古墳自体には大きなダメージはなさそうでした。
(2017/12/24 23:05:43)

[420-1] 無題 ろっこう

>ゆらさま

現代の建築物等とはやや距離が離れている場所だったと記憶しているのでその点は良かったですが、二基ともいい古墳だという印象が強いのでやはり心がざわつきますね。
ご教示いただきありがとうございました。
(2017/12/26 20:00:59)

  この記事は このアドレス で表示できます。




 
Cool Shot! Ver. 4.1