[133] 茨城石づくし−2 埼玉古墳軍 

 スレッド替えいたします。
 旧真壁町真壁小学校隣の田村神社内。近くにあったらしいおふじ権現古墳を探していて見かけた正体不明なもの。
(2008/01/18 00:24:53)

[133-1] おふじ権現は? 昇寛@管理人

石室にしては変わった形ですね。私も、おふじ権現を探しながら見学したいと思います。ところで、おふじ権現は「あったらしい」ということは消滅ですか?

埼玉古墳軍さんのHPの更新も拝見しました。遠官台古墳群は私も神社までは行ったのですが林の中までは踏み込みませんでした。町史の記述で早々に諦めたのがいけなかったですね。
(2008/01/18 11:53:44)

[133-2] 真壁町石室の真打ち登場 埼玉古墳軍

 北椎尾天神塚古墳を捜索中、該当地付近で発見した石室。これなら昇寛さんの血も騒ぐのではないでしょうか。天神塚自体は粘土槨らしいのでこれは別のものかもしれません。
 近くには「オハヨー」と鳴く愉快なカラスもいて、さすが石の町真壁、あなどれません。

 おふじ権現、見つかりませんでした。全国遺跡地図と前方後円墳集成の位置が異なるので違う所を見てしまったかもしれないのでいずれ再訪したいと思います。

2008/01/18 21:42:02

[133-3] おお! 昇寛@管理人

これぞザ・横穴式!北椎尾天神塚古墳は椎尾のJAの近くらしいですが、これもその辺りでしょうか。是非是非位置を教えていただけませんでしょうか。

前方後円墳集成といえば、北原古墳・仙原塚古墳の位置は集成のと違って、この近くらしいですね。
(2008/01/19 08:16:30)

[133-4] 舟塚山24号墳 あんけん

4号墳も石棺が露出とされてますが、藪を掻いてのぞいてみてもらしい石材も見当たりませんですが、24号墳は古館古墳左の農道を突き当りまで行くと左手奥に見えるように笹竹も刈られて管理されてます。直ぐ横というか古墳群の真ん中をバイパスが通るとの事で工事が進んでますが、ここも7号墳も、微妙にルートから外れて残りそうなのでなによりです。 (2017/04/03 19:58:53)

[133-5] 無題 あんけん

かすみがうら市富士見塚1号墳後円部北やかすみがうら郷土資料館の敷地の片隅に積まれてる石材ですが、聞いてみると一時期市内各所で工事があり、業者が壊したら大変だと、記録前の石材をどんどん持ち寄られ、わずかに旧状に戻せたのが資料館屋外展示の房中台出土石棺と、千代田公民館に移築された座王古墳群4号墳石室のみだったそうで、あとはごちゃ混ぜになってしまって復元不可能な石材だそうです。後者に至ってはウエブでも情報が全く無く、前者程度の規模かと見に行ってみたらえらく立派な石室がありました。画像一番右の天井石だけで200×150×15cm以上の大きさです。 2017/07/24 06:33:12

[133-6] 中も!!!(左が羨道、右が奥壁) あんけん

羨道は短く、その奥に幅約2m50cm以上、奥行き約2mの玄室があり、中は板石でH字に仕切られており、画像一番奥と一番手前、両袖に当る部分からはそれぞれ直刀・直刀と勾玉が出土したそうです。直径30mの円墳で、古墳群は現在ゴルフ場になってるようです。また公民館裏手にも組み合わせられない石材が大量にあり一辺が2mクラスのものが積んである奥によーく見ると草むらのずっと先まで石室が幾つ作れるか判らないくらい放置されていてとても勿体無いです・・・。 2017/07/23 21:52:09

[133-7] ついでに あんけん

先週調査が入ってた太子古墳です。何か細工された訳では無いと思いますが、若干絵柄が見え易くなってる?気がします。ただ何故か一箇所だけ全ての撮影が失敗してて、ピンボケだったり真っ黒だったり・・・。 (2017/07/23 21:47:49)

[133-8] お見事 たなか

太子古墳の壁画、よく見えてますね。お見事です。
雨の日や湿度が高い時のほうがよく見えると言われて、今度行ってみようかと思っていたのですが、どんなお天気の日でした?
でも雨の日だと、絶対ドロドロになるからなあ。覚悟がいる。
(2017/07/27 08:50:22)

[133-9] 曇り時々雨 あんけん

>>たなか様
撮ったのは晴れ間のある曇りでしたが、訪れた直前、座王古墳群石室のある旧千代田村付近では通り雨が降りました。でも太子古墳では地面は濡れてませんでした。
こちらの画像はその一週間ほど前、調査中にお邪魔した際の奥壁で、この日はピーカンの猛暑で結露も出てますが丸模様が浮き出るように伺えました。箱が邪魔ですが最近は掃除もされてないような中(一週間で落ち葉が少し溜まってました)、お陰でくもの巣も無く、虫もいなくて見学し易かったです。
(2017/07/27 11:43:44)

[133-10] 真壁陣屋跡出土石棺 あんけん

これもウエブ上で全然情報が得られない古墳で、陣屋跡に真壁伝承館建設の際発見された直径約14mの円墳の主体部で左側が奥壁のはずです。中から人骨1体と鉄刀1振り、鉄鏃9本が出ており、周溝から埴輪も多数見つかっていて、6世紀半ばと推定されてます。現在は伝承館中庭の隅に保存されてます。 2017/12/15 10:24:29

[133-11] 真壁陣屋跡 これって箱式? たなか

これって、箱式っぽいですかね?
真壁には、雲母片岩の石室石棺ってあるんでしょうか?見当たらない気がするんですけど。
常陸の箱式石棺と言ったら、雲母片岩のあの黒い石というのが定番な気がするのですが、真壁にはないような・・・
気のせいだろうか。
(2017/12/16 14:27:06)

[133-12] 無題 あんけん

>>たなか様
発掘中の写真が横に小さく貼られてるのですが埼玉古墳軍さんのブログには掲載されてます。
ttp://saitama-kofungun.asablo.jp/blog/2012/09/28/6586560

真壁だと同じ時期と推定されている八幡山古墳の墳丘上にも箱式石棺部材が保存されてて、あそこのでないとしても周辺のどこかの古墳のものではないかと思います。未調査でも山から離れた平地の古墳なら他にも出てくる可能性はあると思います。
(2017/12/17 17:41:40)

[133-13] 黒雲母片岩の箱式石棺 たなか

ありがとうございます。埼玉古墳軍さんのブログ見せていただきました。

茨城県内、特に霞ヶ浦沿岸から流域だと、箱式石棺の枕詞みたいに黒雲母片岩という言葉が頭に浮かんでしまうのですが、どうも真壁(というか桜川市)には見当たらないような気がして。小山の西高椅遺跡にすら使っている石室があるのに。
八幡山古墳の石棺は白い花崗岩だったのです。黒雲母片岩の箱式石棺を見慣れていたため、最初「この白い板石は何?」と思ってしまって。組んであるのを見て箱式っぽいなと。その後埼群古墳館さんのページで確認して。
伝承館のものも花崗岩に見えるのですが。

探してみようかな。真壁で雲母片岩。
(2017/12/19 14:07:52)

[133-14] 白い?黒い? あんけん

>>たなか様
形式と石材の素材と両方でしたか。質問されてそういえばこの辺の石材は板石って少ないかな?とそっちへ集中してしまってました。八幡山古墳は横から見ただけで石材はこちらで後から知ったので実物は未見なのでした。伝承館の方ですがたしかに発掘中の写真だと蓋石も含め白っぽく写ってますが、現地で見たモノは結構暗い色だったので、花崗岩だとは思いませんでした。最近茨城方面ではいろいろお世話になってて、その方々がとある方を推薦してくれてるのですが、現在は城跡の発掘等でお忙しいらしく、お会いできずに真壁周辺のいろんな疑問はストック中で、機会があれば併せてお伺いしたいと思います。

www.city.sakuragawa.lg.jp/data/doc/1285892414_doc_10.pdf
(2017/12/20 00:14:58)

  この記事は このアドレス で表示できます。

[ TOP ] [ HOME ]
Cool Shot! Ver. 4.1