[392] 和洋女子大学発掘調査  

現在、和洋女子大学敷地内で発掘調査が行われています。ブルーシートで覆われていますが、土器や住居跡が見つかったそうです。是非行ってみて下さい。 (2017/01/28 20:45:52)

[392-1] 無題 あんけん

>>宮様
地元なので先日の現地説明会も行きましたが、国府台古墳群の中にあって、大学敷地内では古墳は見つかってないそうです。近くの法皇塚古墳のwikiもどなたかが大変詳しく書き直してくれたのでとっても参考になります。
(2017/01/30 19:55:44)

[392-2] 法皇塚古墳

たしかにウィキペディアは見やすいですね。大学構内にあったので外から見学しました。 (2017/02/28 23:10:56)

[392-3] 無題 あんけん

来る6月3日、また別の地点で国府台遺跡の現地説明会があります。今回は古代の道路や弥生時代の住居がメインなのですが、希望者先着(午前・午後各50名づつ)で「文化財めぐり―古代のなごりをとどめる地形と古墳―」というアフターイベントがあります。1キロほど歩くとのことで、明戸古墳と、私有地内で入りににくい(?)法皇塚古墳を周るのではないかと思います。(弘法寺古墳は近くて危なく、栗山古墳群は遠いので)今回は自転車もNGとの事で、遠方からだと坂下か里見公園周辺の駐車場のご利用をお薦めします。

www.pref.chiba.lg.jp/kyouiku/bunkazai/press/2017/20170523kounodai.html
(2017/05/26 19:24:56)

[392-4] ゴメンなさい あんけん

全然予想は外れて、古墳好きーな人向けのイベントではありませんでした。
周るのは弘法寺古墳と、その西の円墳群跡の側にある古代道跡の切り通しだけで、前者は通常の立ち入り禁止エリアの外から観るだけで、後者も、円墳跡は建て替えに伴う発掘で検出された後、地表には何も痕跡を残して無い(とはいえ、私有地内なので跡地自体通常見学できませんが)との事で、参加受付は早々に終了したため自分は参加できませんでしたが、あまり残念でもなかったのがホントのところでした・・・。
(2017/06/03 16:29:41)

[392-5] 無題 昇寛@管理人

それは残念でしたね。
6月10日に秦野市で古墳の現説があります。
仕事が忙しいので行けるかどうか微妙なところです。
(2017/06/04 06:12:54)

[392-6] 旧3号遺構はどれ? あんけん

>>昇寛様
菩提横手遺跡の現地説明会は予想を大幅に超える来場者だったようでしたね。撮影素材はアップ禁止ということで、配布資料の全体図に自分で書き込みしたので来れなかった人にも雰囲気が伝われば・・・。と思ったのですが、「ここにも一基」の奥の工事囲いの外、ビニルハウスの横に1号遺構が残ってるそうで、書き込んだ1・2号遺構は、そのまんま2・3号になる可能性があります。説明会では1号墳が旧3号遺構と仰る方も、2号墳こそがそうだと仰る方もいらしたのでとりあえず文字は気にしないで下さい
2017/06/11 14:05:28

[392-7] 無題 昇寛@管理人

お写真ありがとうございます。
行きたかったのですが都合がつきませんでした。
石室が残っているのなら無理してでも行けばよかった。
(2017/06/21 22:16:39)

[392-8] 遺物もありました あんけん

>>昇寛様
そもそも情報の独り歩きを懸念しての画像禁止だったので(でも某議員さんはブログにアップしちゃってますが・・・)、細かく書きませんでしたが、3基それぞれから直刀等が出て、しかも現地説明会前日に急ぎで回収されたため、刀の錆がそのまんま発見場所を表してくれてたり、2号墳では鉄鏃がまだ残ってたりしました。1号墳は天井石も残ってて、内一個はパネル展示の足元に移動されて触る事ができました。
画像の草が生えたままの古墳の可能性のある3基も、側道次第で同じ運命を辿りそうで、最悪工事現場外に1基だけ外れた1号遺構だけが残るのかもしれません。
(2017/06/22 23:34:18)

  この記事は このアドレス で表示できます。

[ TOP ] [ HOME ]
Cool Shot! Ver. 4.1